女子

【全日本女子選手権】常盤木学園高を破ったアルコイリスが3戦全勝で決勝ラウンドへ

taku3510-1500x1124

全日本女子選手権は29日、大会2日目を迎え、グループCの最終節が行われた。2連勝のアルコイリス神戸(兵庫)は、常盤木学園高校(宮城)と対戦。試合はアルコイリスが7-1で勝利し、グループリーグを3戦全勝で決勝ラウンド進出を決めた。

 

試合は前半から一方的なものとなる。立ち上がりこそフィニッシュまで行けなかったアルコイリスだが、前半3分にFP加藤正美がシュートを放ち、GK砂田かほに阻まれた場面あたりからは、シュートの本数を増やして行く。

 

前半6分には右サイドからFP藤田靖香が難しい角度から強烈なシュートを叩き込み、1点を先制する。同6分には常盤木学園高にもチャンスがくる。アルコイリスFP関灘美那子にドリブルで中央を突破されたが、このシュートをGK砂田がキャッチ。前線に残っていたFP宮田ひびきにロングスローを送る。決定的な場面だったが宮田のシュートは枠を捉えられずに、同点に追いつくことができなかった。

 

アルコイリスは人数をかけた速攻から、前半7分にもFP関灘美那子が追加点を決めて2点差にリードを広げる。そして前半の残り時間が2分半を切り、常盤木学園高の足が止まり出すと、一気に畳みかけた。18分、FP平井佑果のパスを受けた加藤の左サイドからの折り返しをFP春山愛が確実に決めて3点差。その直後にもFP若林エリの折り返しからFP藤田靖香がゴールを決めて、前半を4-0で終えた。

 

後半2分にもアルコイリスはFP齋藤有里のミドルシュートで5-0と試合を決定づけた。常盤木学園高は、同6分にFP飯田小百加が1点を返したものの、反撃はこの1点止まり。終盤にもアルコイリスはFP春山愛、FP中野絵美がゴールを決めて7-1と大勝し、決勝ラウンドに勝ち進んでいる。

 

なお、同時刻に行われたオウンゴール(富山)とサイコロ(埼玉)の試合は、2-1でサイコロが勝利している。

関連記事

  1. 【女子】SWHレディースがFP奥村愛を含む、4選手の退団を発表
  2. 【U-15女子選手権】グループCからは十文字中とFCエフロンテが…
  3. 【全日本女子選手権】甲山レディースが成長の跡を示すも、PK戦の末…
  4. 【全日本女子選手権】アレグリ・カミーニョが2大会連続準優勝の丸岡…
  5. [女子選手権]グループC総括 大会史に残るゴールラッシュを見せた…
  6. 【全日本女子選手権】2年ぶりの優勝を目指すアルコイリスFP加藤「…
  7. 【女子】初代女王を目指しプレーオフへ 丸岡ラックFP池内天紀「恐…
  8. 【女子選手権】2大会連続で3位の甲山レディースFP笠木「このチー…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。