女子

【全日本女子選手権】兵庫対決の決勝を制したのはアルコイリス! SWHに4-0の完勝で2年ぶり4度目の頂点に!

taku3155-1500x1125

第13回全日本女子フットサル選手権大会は30日、決勝戦を迎え、SWHレディース(兵庫)とアルコイリス神戸(兵庫)が対戦した。試合は4-0でアルコイリスが勝利し、2大会ぶり4度目の日本一に輝いている。

 

初めて兵庫県のクラブ同士の対戦となった決勝。大会2連覇を目指すSWHは、GK山本彩加、FP高橋美香、中村茜、佐藤絵里、坂田睦が先発した。一方、2年ぶりの優勝を目指すアルコイリスは、GK古市裕子、FP西尾瞳、関灘美那子、加藤正美、齋藤有里がスターティングファイブに名を連ねた。

 

互いの特徴を知り尽くす両チームは、立ち上がりか激しい攻防を繰り広げる。開始早々の1分にはアルコイリスが好機をつくり、齋藤がゴールを狙ったがシュートを枠に飛ばせなかった。SWHの最初のチャンスは前半3分。坂田、佐藤とボールをつなぎ、最後はFP網城安奈がゴールを狙ったが、GK古市に防がれる。SWHのGK山本も5分にFP藤田靖香の放った強烈なシュートを防ぐなど、好プレーを見せた。

 

全体的にアルコイリスがボールを保持する中、SWHもFP木村友美がピヴォの位置で前線の基準点となって、攻撃の形をつくっていった。

 

互いに縦パスへの反応も早く、引き締まった試合を動かしたのは、アルコイリスだった。前半19分、FP若林エリが右サイドからシュート。これが決まってアルコイリスが1点をリードして前半を折り返した。

 

後半の立ち上がり、再びアルコイリスがSWHに圧力をかけて行く。そして後半5分には右サイドから関灘がシュートを放つ。相手に当たってこぼれたボールを自分たちで回収して、再び関灘がシュート。これが決まって、アルコイリスが点差を2点に広げた。

 

2点を追うSWHだが、アルコイリスのプレスを前に、なかなか攻めることができない。ピンチもあったが、GK山本が何度も好セーブを見せて3点目を与えない。少しずつボールを保持する時間を長くしていたSWHだったが、後半13分に右サイドで関灘にボールを持たれ、折り返しを入れられるとゴール前のFP中野絵美にヒールキックで合わせられて、ついに3点目を失ってしまった。

 

さらに後半18分にもアルコイリスは短いキックインを受けたFP山口真梨奈がシュート。GKの前で加藤がブラインドを掛ける形にもなり、ボールはそのままゴールに決まった。SWHも最後まで1点を目指したが、得点を挙げられないままタイムアップ。アルコイリスが4-0で勝利し、日本一の称号を取り戻した。

関連記事

  1. 【全日本女子選手権】2年ぶりの優勝を目指すアルコイリスFP加藤「…
  2. 【全日本女子選手権】予選無失点の甲山レディースがレオグラスタを破…
  3. 【全日本女子選手権】先制のチャンスをモノにしたアルコイリスがユニ…
  4. 【女子選手権】2大会連続で3位の甲山レディースFP笠木「このチー…
  5. 【フォトニュース】アルコイリス神戸 vs サイコロ(27枚)
  6. [女子選手権]日本リーグの2チームが強さを示した準決勝
  7. 【全日本女子選手権】日本女子フットサルリーグ参戦チーム同士の対戦…
  8. 【全日本女子選手権】1G1Aで丸岡ラック撃破の立役者となったアレ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。