女子

【全日本女子選手権】網城がハットトリックのSWHレディース、連覇に向けて好発進

taku6767-1500x1124

全日本女子選手権は28日、大会初日を迎えた。昨年、初の全国優勝を果たしたSWHレディースフットサルクラブ(兵庫)は、ファンレディースフットボールクラブ2009(宮城)と対戦。前半だけでFP網城安奈がハットトリックの大活躍を見せたSWHが、6-1で勝利し、大会連覇に好スタートを切っている。

 

SWHは、前半2分にFP坂田睦がシュートを放つと、ここから攻勢に試合を進めていく。4分には左サイドの坂田から右のFP中村茜がパスを受け、ゴール前に折り返す。FP佐藤絵里にはわずかに合わなかったが、ボールを大きく動かして相手ゴールに迫っていった。

 

迎えた前半6分、CKを得たSWHは、網城がミドルシュートを決めて1点をリードする。さらに、その27秒後には網城が個人の力を見せてドリブル突破からゴールを決めて追加点。ファンはタイムアウトを取って流れを変えようとしたものの、8分には左サイドから斜めに入ったボールを受けた網城がダイレクトシュートをゴールに決めて、前半だけでハットトリックを達成した。

 

攻撃の手を緩めないSWHは、その後もピヴォの佐藤がゴール前でボールを受けて反転シュートを放つなど、チャンスをつくっていく。そして前半残り16秒にも中村が追加点を挙げて、前半だけで大量4点のリードを奪った。

 

後半の立ち上がりは追いかけるファンもチャンスをつくる。2分には左サイドからFP田本育代がゴールを狙ったが、シュートは右に切れていく。さらに直後にもFP村上今日子が相手の横パスをカットし、速攻からゴールを狙ったがシュートはGK山本彩加に阻まれた。

 

ピンチを凌いだSWHは後半6分に追加点を挙げる。エリア内のパス回しで守備を崩し、最後は佐藤からのパスを受けたFP上野愛里がボールをゴールに押し込み5-0とした。ファンはタイムアウトを取ると、試合再開直後、村上今日子からのパスを受けたFP村上奈奈がゴール前で合わせて1点を返す。

 

ここから反撃に出たいファンだったが、攻め続けることはできなかった。後半10分にはタイムアウト直後のCKのこぼれ球を坂田がゴールに押し込み、SWHが再びリードを5点に広げた。このまま試合は終了し、SWHが6-1で初戦を勝利で飾っている。

 

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

なお、同時刻に行われたビークストーキョーレディース(東京)対サフィルヴァコルミージョ(北海道)の1戦は2-0でビークスが勝利している。

関連記事

  1. 【PH】AFC女子選手権 女子日本代表vs女子レバノン代表(21…
  2. 【AFC女子選手権】10分以上のパワープレーを1失点に抑えた日本…
  3. 【女子Fリーグ2018】GK竹田祥子が退場も、女王アルコイリス神…
  4. 【AFC女子選手権】バーレーン戦の無失点に好感触を持つ守備のキー…
  5. 【ユース五輪】U-18女子日本代表の銀メダル以上が確定! 強豪ス…
  6. 【Fリーグ女子PO】初戦でビハインドを背負うも逆転を誓う府中プリ…
  7. 【U-15女子選手権】グループCからは十文字中とFCエフロンテが…
  8. 【女子FリーグPO】アルコイリス神戸が府中への挑戦権を獲得! 後…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。