女子

【全日本女子選手権】日本女子フットサルリーグ参戦チーム同士の対戦は、アルコイリスがサイコロに勝利

taku7395-1500x1125

 

全日本女子選手権は28日に開幕し、グループCのアルコイリス神戸とサイコロが対戦した。日本女子フットサルリーグへの参入を表明している両チームの対戦は、2大会ぶりの優勝を目指すアルコイリスが、3-1で勝利している。

 

試合の序盤はアルコイリスが押し込み、サイコロが速攻からゴールを狙う展開となる。開始直後にアルコイリスはFP齋藤有里が左サイドからシュートを放つが、わずかに右に切れていった。対するサイコロも自陣からのロングカウンターからFP高橋彩子がシュートしたが、こちらもゴール右に外れている。その後もサイコロは速攻から何度かチャンスをつくるが、得点を奪えない。

 

先に試合を動かしたのはアルコイリスだった。前半8分、ボールを前に運ぼうとした相手に対してプレスを掛けてボールを奪う。そのままショートカウンターからFP若林エリが強烈なシュートを叩き込み、1点をリードした。先制後もアルコイリスは、FP春山愛の力のあるシュートなどでゴールを狙ったが、ゴール前で体を張って守るサイコロから追加点は挙げられない。

 

前半10分にはサイコロもロングボール1本からFP秋田谷美里がシュートチャンスを迎えるが、GK古市祐子にブロックされて得点はできなかった。このまま前半は得点が動かずに、1-0とアルコイリスがリードして折り返す。

 

後半開始から12秒、キックオフをしたサイコロが同点ゴールを決める。FP加藤沙織が右サイドをドリブル突破。ゴール前に折り返したボールをFP中野絵美がゴールに押し込み、試合を振り出しに戻した。しかし、アルコイリスも後半2分、左サイドからFP西尾舞がシュート性のボールをゴール前に蹴る。これをニアサイドでFP加藤正美が合わせて再びリードした。

 

後半6分にはサイコロが反撃を仕掛け、秋田谷のシュートをGKがセーブ。こぼれ球をFP堀田えり子が回収したが、アルコイリスの戻りも早い。再びこぼれたボールを、最後は秋田谷が拾ってミドルシュートを放ったが、クロスバーを大きく越えて行った。

 

残り5分を切り、サイコロは高橋をGKにしてパワープレーを開始し、同点ゴールを狙いに行った。しかし、後半9分、アルコイリスのFP関灘美那子に直接FKを決められてしまい、リードを2点に広げられる。

 

サイコロは数的優位をつくって攻め込もうとするが、アルコイリスのプレスを前になかなかボールを前に運べない。このまま試合は3-1で終了し、アルコイリスが初戦をモノにしている。

 

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

また、同時開催の試合では、常盤木学園高が3-1でオウンゴールに勝利している。

関連記事

  1. 【トリム杯】北海道から決勝点を奪った大分FP斉藤結「相手の特徴を…
  2. 【練習試合】FP江川涼がU-18代表戦で感じたこと「もっと自分を…
  3. 【女子FリーグPO】第2戦に意気込む小野直樹監督「勝った方が決勝…
  4. 【ユース五輪】U-18女子日本代表の銀メダル以上が確定! 強豪ス…
  5. 【トリム杯】残り33秒、山口選抜FP大森真由奈の劇的弾でドローに…
  6. 【全日本女子選手権】アレグリ・カミーニョが2大会連続準優勝の丸岡…
  7. 【女子】女子日本代表FP中島詩織が、左ヒザ前十字靭帯断裂の大けが…
  8. 【AFC女子選手権】エースの重責とともに戦った初の国際舞台 FP…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。