女子

【全日本女子選手権】後半にゴールラッシュの甲山レディースがメンバーオブザギャングに勝利

taku8618-1500x1127

全日本女子選手権は28日、グループAの第2節を行い、メンバーオブザギャング(三重)とFC甲山レディース(北海道)が対戦した。拮抗した試合は後半に4ゴールを挙げた甲山レディースが4-0で勝利している。

 

初戦で敗れたメンバーオブザギャング、スコアレスドローで終えた甲山レディースの両方にとって、勝ち点3が必要な一戦。試合は均衡した状態で進んでいく。前半5分過ぎからは、メンバーオブザギャングがチャンスをつくり、FP小山美佳が強烈なシュートを枠に飛ばすが、GK白浜亜美に防がれる。さらに6分にもFP堤早希がシュートしたが、これもGK白浜に防がれた。

 

ピンチが続いた甲山レディースもFP笠木育美がFP邨中彩日へのラストパスや自らのシュートで存在感を示す。前半終了間際にもメンバーオブザギャングはゴールに近づいたが、堤のシュートは左ポストを叩き、キックインからFP伊藤沙世の放ったシュートも枠を外れた。結局、得点が決まらないまま前半を終える。

 

後半の立ち上がりもメンバーオブザギャングが攻勢に試合を進める。しっかりとボールを敵陣まで運び、そこからゴールを狙おうとするが、ファー詰めにわずかに合わないなど得点を決められない。

 

後半10分、先に試合を動かしたのは甲山レディースだった。FP大久保美聡からのパスがFP岩崎真実に通り、カウンターから先制点を決めた。さらに33秒後にも、良い形でボールを奪った甲山レディースは3対2の形からシュートに持ち込むと、FP新谷結が自らのシュートのこぼれ球をゴールに押し込み、リードを2点に広げた。

 

その後、メンバーオブザギャングは猛反撃を見せる。パスをつないで甲山レディースを敵陣に押し込むが、肝心のシュートを良い形で打つことができない。その後も両チームがチャンスをつくりあう中で、甲山レディースはFP保里あづさと岩崎がゴールを決めて点差を広げていった。

 

結局、先制点を奪って勢いづいた甲山レディースが決定力の差を示す形となり、4-0で勝利。勝ち点を「4」に伸ばし、決勝ラウンド進出に望みをつないでいる。

 

なお、同時刻に開催された試合では、レオグラスタ(大阪)が3-1でレディッツァ・フェンミニーレ(岡山)を下し、2連勝で勝ち点を「6」に伸ばしている。

関連記事

  1. 【女子選手権】2大会連続で3位の甲山レディースFP笠木「このチー…
  2. 【AFC女子選手権】先制ゴールを含むハットトリックのFP若林エリ…
  3. 【女子アジア選手権】イラン戦で成長した姿を見せられるか 5戦6発…
  4. 【AFC女子選手権】バーレーン戦の無失点に好感触を持つ守備のキー…
  5. 【全日本女子選手権】今大会無失点の甲山レディースGK白浜亜美「入…
  6. 【AFC女子選手権】AFCが最終登録メンバーを発表 日本代表メン…
  7. 【Fリーグ女子PO】初戦でビハインドを背負うも逆転を誓う府中プリ…
  8. 【全日本女子選手権】2年ぶりの優勝を目指すアルコイリスFP加藤「…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。