女子

【女子選手権】2大会連続で3位の甲山レディースFP笠木「このチームを本当に誇りに思います」

taku5261-1500x1126

前回大会、チーム結成1年のFC甲山レディースは、初出場で第3位という好成績を残した。結成まもないチームが全国の舞台で旋風を起こしたと、十分に言える結果だった。しかし、周囲から聞こえてきた声は決して暖かいものばかりではなかったと、FP笠木育美は明かす。

 

「去年、3位になった後も、いろいろと言われたんです。『あんなのマグレじゃん』とか、『助っ人がいたからでしょ?』とか。でも、実際に得点を見ると、そう言われても仕方がありませんでした」

 

実際、昨年の甲山レディースは、大会が始まって初めて顔を合わせたというメンバーもいるような即席チームだった。そのチームの躍進は、元LリーガーのFP詫間美樹(現サフィルヴァ・コルミージョ)らの存在を抜きに語れなかったのも事実。『自分たちがつくってきたチームなのに』という自負もあったが、得点者の名前の欄を見て判断されたら、そう評価されても仕方がないと受け入れるしかなかった。

 

それでも、反骨心は失わなかった。「去年の大会が終わって、周囲からそういうふうに言われて、悔しい想いもありました。だから今年は、リーグを戦っている選手たちだけで出ようって話したんです。社会人は5人だけで、あとは高校生から中学生の学生という構成で、本当の甲山で予選から戦ってきました」。

 

北海道予選を勝ち抜き、2大会連続の全国大会に勝ち進んだ彼女たちは、初戦のレティッツァ・フェンミニーレ(岡山)戦を0-0で引き分けたが、第2節のメンバー・オブ・ザ・ギャング(三重)戦は4-0で完勝。第3節では2連勝中で首位に立っていたレオグラスタ(大阪)と対戦した。

taku8682-1500x1122

引き分けでも敗退となる、不利な状況の中でも、甲山レディースは攻め急がなかった。「うちのチームの強みは、失点をゼロで抑えてきていることです。そこからカウンターの勝負になると思っていました。一つ前のメンバー・オブ・ザ・ギャング戦でも、1点入ってリズムがつくれて、最終的に4点取れたので、今回の試合でも先制点を取ることができればいけると思っていました」と、笠木は試合前のゲームプランを明かした。

 

少ない人数で前後半を戦い抜くためにも、ハーフウェーラインで相手を待ち構えて守備をするスタイルは好都合だった。かくして前半を0-0で折り返した甲山レディースは、後半開始と同時に勝負をかける。試合再開から7秒。FP岩崎真美が先制ゴールを決めた。

 

「ハーフタイムに『後半の前半で勝負を決めよう』と、みんなで話していました。それであの1点ですからね。まさか、あんなにうまく決まるとは思っていなかったですけどね(笑)」

 

1点を取った甲山レディースは、メンバー・オブ・ザ・ギャング戦と同様に得点を重ねていった。すると試合終盤、レオグラスタはパワープレーを仕掛けてくる。彼女たちの何人かにとって、パワープレーは未知なるものだった。「正直、慣れてはいないです。どこで行ったらいいのか、どこが取り所かは難しかったと思うし、パワープレーをやってくる相手と戦うのが初めてだった子もいるので」と、笠木は言う。

taku2007-1500x1126

北海道リーグに参加していない甲山レディースは、十勝のリーグに籍を置いている。十勝には女子のリーグがないため、一般の男子が参加するリーグでプレーしているのだ。そこには本格的にフットサルをプレーしているチームは少なく、パワープレーを仕掛けてくるようなチームもない。それでも甲山レディースは、ほとんどチャンスをつくらせなかった。

 

「そこは声を掛け合いながらやる。私たちは、他のチームに比べると、はるかに練習量が少ないと思うんです。うちの強みは、その場で話をしてプレーにできること。練習しなくていいわけではありませんが、普段は個々で自分の力を付けて、いざ練習や試合になったら合わせる。そういう取り組みをしているので、他のチームにはマネできないかなと思います」

 

フットサル経験が少ない男子チームと戦っていることは、決してデメリットになっていないと笠木は強調し、そこで得ている経験こそ、2大会連続のベスト4進出に欠かせなかったと感謝する。

 

「やっぱり男子の力は、大きいと思います。本当だったら、男性も女の子とやるのは気を使ったりするので、イヤじゃないですか? でも、一緒になってやってくれたり、本気で戦ってくれています。GK(白浜亜美)も良いセーブが何本もありましたが、あれも男子のシュートを何本も受けているからこそのセーブだったと思います。そこは本当に、十勝リーグで戦ってくれている方たち、みんなに感謝です」

 

終わってみれば、関西の強豪・レオグラスタにも4-0で勝利した。4点目のゴールは、それまで守備に奔走していた笠木が、機を逃さずに前線へ攻め上がり、大久保美聡とのパス交換から決めた。

taku0939-1500x1123

「あの場面は、やっぱり自分が守って、攻めるというプランがあるので、決めたい気持ちがありました。あと17番(大久保)と37番(岩崎)とは、ずっと小学生のときから一緒です。あそこでパスを(大久保に)出したら、絶対に良いボールが返ってくることが分かっていたというか、信じていたので。思っていたとおり、良いボールが出てきて、決められてよかったです」

 

準決勝に勝ち上がった甲山レディースは、昨年も同じ準決勝の舞台で対戦していたディフェンディングチャンピオンのSWHレディースと対戦した。前回大会では詫間の負傷もあり、1-4と完敗を喫したチームを相手に、今大会では30分の前後半を終えて2-2で引き分けた。惜しくもPK戦の末に、初の決勝進出は果たせなかったが、「チームを結成して、最初は本当に全然ダメでした。でも、たとえ大人になっても、2年でここまで成長できるんだなと思いました」と、グループステージ終了後に笠木が感じていた想いは、より強くなっただろう。

 

これだけの結果を残せば、周囲からは何も言われないだろう。だが、仮に何かを言われたとしても、「このチームで決勝ラウンドに進出できたことを、本当に誇りに思います」という彼女は、もう気にしないはずだ。

 

「去年、この大会が終わってからは、意識が変わりました。去年は(リーグ戦で)1勝できればいいやと思っていたのですが、今年はリーグ戦で男子と戦うときも、結果より内容にこだわったんです。そうしたら、結果も付いてくるようになりました。私たちは、周りのチームから『いつも楽しそうにやっているよね』って言われるんです。試合中も笑ったり、励まし合ったりしているので、そこも大きいのかなと思います」

 

2大会連続で全日本女子フットサル選手権3位という結果を残した甲山レディースは、これからも自分たちらしく、フットサルを楽しんでいく。

関連記事

  1. 【女子】府中か、アルコか、丸岡か? 初代女王を決める日本女子リー…
  2. 【全日本女子選手権】予選無失点の甲山レディースがレオグラスタを破…
  3. 【U-15女子選手権】グループBを勝ち抜いたのは7人で戦う秋田L…
  4. 【女子Fリーグ】エスポラーダ北海道イルネーヴェが参戦! 5月20…
  5. 【全日本女子選手権】決勝で完封負けを喫したSWHレディースFP網…
  6. 【フォトニュース】アルコイリス神戸 vs サイコロ(27枚)
  7. 【全日本女子選手権】日本一の座を奪還した小屋監督「アルコイリスの…
  8. 【女子】6ゴールで初戦勝利も気を引き締めるアルコイリス神戸FP江…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。