シュライカー大阪

【選手権】3ゴールすべてに絡んだ名古屋FPルイジーニョ「より気持ちの入ったクラブが優勝する」

[3.9 第24回全日本選手権準決勝 名古屋 3-2 大阪 駒沢屋内]
第24回全日本フットサル選手権は9日、大会4日目を迎え、駒沢屋内球技場では準決勝の2試合が行われた。第1試合は名古屋オーシャンズ対シュライカー大阪の試合となり、3-2で名古屋が勝利している。

この試合、得点こそなかったものの3得点すべてに絡んだFPルイジーニョ。昨年の大会制覇にも貢献しているレフティーは、大会連覇に向けて意気込みを語っている。

以下、準決勝後のFPルイジーニョのコメント
──今日の試合を振り返ってください。
ルイジーニョ とにかく難しい試合でした。日に日に苦しいゲームになっていますが、それでも私たちの目標は「勝ち続ける」ことです。それが達成できているので、良かったと思います。

──大阪とは今シーズン6度目の対戦でしたが、改めて大阪の印象は。
ルイジーニョ 2試合で、3点差をつけたことがありました。しかし、そこから2失点しています。本当に気を緩められない対戦相手ですし、最後の1秒までいろいろな戦術・戦略を持ったチームですから、今日の試合でも最後の1秒まで気を緩めることができない展開になりました。

──御自身のゴールはありませんでしたが、3点すべてに絡みました。
ルイジーニョ 自分の強みは、アラでボールを持ち、そこで仕掛けてそこからのシュートです。できるだけ常にゴールを見たプレー、縦に突破していくプレーが自分の強みです。自分もチームに貢献するために、点を取る意識は高く持っていますが、決められないときはアシストなど、違う形でゴールにからみたいと常に意識しています。自分の強み、弱みはわかっていますから、ディフェンスのところでもチームのために犠牲になっても、しっかり頑張ることもチームの力につながると思うので、ディフェンスも頑張っています。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

──2点目の場面は、西谷選手へのパスだったのですか? シュートを打った結果ですか?
ルイジーニョ 瞬間的に、GKの股下しか、スキがありませんでした。パスを出すスペースもなかったので、あった股下を狙ったら、そこがうまくパッシャン(西谷)につながりました。 ──明日の決勝を勝つためには、何が必要になるでしょうか?
ルイジーニョ 連戦が続いているので、できるだけ早く回復できるようにしないといけません。第1試合だったので、第2試合を戦う相手よりも、回復の時間が長くあります。それをうまく利用して、しっかりリハビリやケアに充てて、睡眠をしっかりとって、疲労がある中でも一番良い状態で臨むことを考えないといけません。決勝までくれば、どのチームも準備は十分してきています。より気持ちの入ったクラブが優勝すると思うので、気を引き締めたいと思います。

関連記事

  1. 【Fリーグ】アルトゥールに決められた一撃を振り返る町田GKイゴー…
  2. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号16 FP近藤啓介…
  3. 【選手権】FP山桐がU-20日本代表入りアピール弾! 浜松が3-…
  4. 【練習試合】立川・府中がアジア王者チョンブリに4-3で勝利
  5. 【Fリーグ】大阪がリーグ記録に並ぶゴールラッシュ! 北海道に10…
  6. 【練習試合】立川・府中で4連勝を初体験! チョンブリ戦でも活躍の…
  7. 【選手権】準決勝の府中戦で勝利に導く2ゴール すみだFP西谷良介…
  8. 【Fリーグ】Fの歴史が変わる!! 森岡弾で先制の町田がファイナル…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。