Fリーグ

【Fリーグ】森岡負傷のチームを救う2ゴールの町田FP本田 「『オレはまだ町田にいるぞ』っていうことを示せた」

[3.3 Fリーグプレーオフ・ファイナル 大阪 2-3 町田 岸和田]

 

ペスカドーラ町田は3日のFリーグプレーオフ・ファイナル第1戦でシュライカー大阪に3-2で勝利した。開始早々にFP森岡薫が負傷したことで、得点力の低下が懸念された。そんな中で存在感を示したのがFP本田真琉虎洲だった。前半9分にFP室田祐希からのパスを受けて先制点を挙げると、12分にはFP滝田学からパスを受け、GK柿原総一郎との1対1を確実に仕留めた。

 

レギュラーシーズン3位になった町田の中で本田は、十分な出場機会を得られたわけではない。それでも、耐えてトレーニングを続けて来た男は、大阪の木暮賢一郎監督が「先制点を含め、0-2までスコアを広げられたことが、大きな分かれ目になった」と振り返るように、決定的な仕事を大一番でやってのけた。

 

以下、大阪戦後のペスカドーラ町田FP本田真琉虎洲コメント

――大事な試合で2ゴールを決めました。

本田 点を取ることができて、すごくうれしかったですね。(森岡)薫が、試合開始すぐに負傷してしまって、今シーズンは自分が思うようにプレーができなくて、苦しんだシーズンでした。それでもこういう大事なところで点を取ることができて、『オレはまだ町田にいるぞ』っていうことを示せたことは、自分にとっては感慨深く、ここでチームに貢献できたことはすごくうれしかったです。

 

――すごく良い連係からゴールを挙げました。

本田 試合に出たら結果を出せるという自信は、常に持っていました。今シーズンはメンバーに入れない試合もあって、悩むこともありましたが、耐えて常に全力でトレーニングを続けてきました。頑張ってきた成果だと思います。

 

――金山友紀選手は、大事な場面で点を取ってくれる選手と話していました。

本田 うれしいですね。チームメイトはみんな、僕のことを信じてくれていると思います。友紀はずっと10年以上、一緒にやってきていますから、お互いに信頼関係を築けています。友紀も、プレーオフの名古屋戦で友紀にしかできないようなゴールを決めましたし、そういう力はあります。チームメイトやサポーターは、僕のことを信じてくれていると感じています。

 

――明日、もう一試合あります。大阪はスタートから今日の後半のような入りをしてくると予想されます。

本田 明日も、本当に難しい試合になるでしょう。大阪は本当に良いシーズンを過ごしていて、ずっと何点取っているかわからないくらいゴールを挙げている強いチームです。明日も大変な試合になると思いますが、今日のような気持ちを出していきたい。こういう決勝は、どれだけ勝ちたいか。強い気持ちを持っているチームが勝つものです。心の底から勝ちたいと思い、力を出し切ることが大切。町田はポテンシャル、コンディション、気持ちがそろっているチームだと思うので、明日、優勝できると思っています。明日も点を取れるように頑張ります。

関連記事

  1. 【練習試合】チョンブリが町田との接戦を制し、日本遠征を1勝1敗で…
  2. 【PHOTO NEWS】Fリーグ第13節 名古屋vsすみだ 前半…
  3. 【Fリーグ】昨季の得点王FPヴィニシウスが貫禄の2ゴール(12枚…
  4. 【練習試合】チョンブリから先制ゴールのFP室田祐希「組織的にはう…
  5. 【Fリーグ】町田がFP新倉のトップチーム昇格を発表
  6. 【日本代表】初めて欧州遠征に参加したFP原辰介「カルチャーショッ…
  7. 【Fリーグ】大分がFP田村龍太郎と再契約を締結 「行動、プレーで…
  8. 【Fリーグ】立川・府中FP酒井遼太郎が初選出! フットサル日本代…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。