Fリーグ

【Fリーグ】3連勝後3連敗の浦安 米川監督「現状だと本当に引き出しが少ない」

taku1997-1500x1125

[11.22 Fリーグ第21節 浦安 3-4 すみだ 浦安 1,052人]

 

大分、町田に2連勝した後、自分たちよりも下位にいる湘南に大敗し、浜松にも敗れた。何としても勝利が欲しいホームでのフウガドールすみだ戦、0-2という状況から前半のうちに逆転したものの、後半に2失点を喫して3-4で敗れた。記者会見場に現れたバルドラール浦安の米川正夫監督は、開口一番、クラブのオフィシャルカメラマンに「誕生日だったのに、申し訳ない」と謝り、キャプテンのFP星翔太を筆頭に、多くの負傷者が出ていることで満足な戦いができていないことを悔しがった。

 

以下、すみだ戦後 バルドラール浦安・米川正夫監督のコメント

――今日の試合の感想をお願いします。

米川 2点先制されて、1点目は一人に対して2人行って遅れて決められました。あれは個人の判断のミス。2つ目はPKでした。先制される試合も、ここ最近すごく多かったので「落ち着いていこう」という話をして、前半のうちに逆転できたことはすごく良かったかなと。試合が詰まっていて、なかなか強度のある練習ができてなくて、実際に浜松戦もすごく疲労がありました。疲労回復を一番のメインに準備したのですが、その中で3点目のセットプレーはしっかりスカウティング通りで、自分たちの狙った形で点が取れて、前半は良い形で終われた印象でした。後半は、いつも最近、後半になるとちょっと疲れて、ポゼッションのところがうまくいかなくなる。また、ディフェンスの高い位置での強度が、ちょっと弱くなり、押し込まれる時間が長くなり、結果、個人ではがされて同じような形で点を取られたのかなというところです。

今年はケガ人もすごく多くて、実際ギリギリのメンバーでやっている中で、やりくりするのが、なかなか試合の中でも大変だなというのは、自分としては、ここ最近の試合をやっている中で感じています。その中でも、しっかり結果を出していかないといけないと思いますし、そのメンバーでやれることを考えて、選手の良いところをしっかり出して、悪い部分をチームでカバーするところを、名古屋戦までにしっかりやりたいなと思います。

 

――連敗をしているときに、選手を鼓舞するアプローチはありましたか?

米川 僕は、基本的にそんなに怒ったりするタイプではないので、選手たちには基本的には建設的に話すようにしています。浜松戦のハーフタイムは、さすがにちょっと怒りました。やっぱり戦えていない選手が何人かいたので。そういう話は、また練習のときもしました。今日は、そこはすごく改善できたのではないかと思います。

 

――連敗中に見えた悪い部分はありますか?

米川 悪い部分というか、ゲームの印象の部分もありますが、3連勝をしてから湘南戦で大敗して、やっぱりちょっとバランスが崩れました。選手はそんなに意識していないかもしれませんが、なんとなく『こういう感じていいか』みたいな、『こういう感じでやろうか』と、一つになっていたのが崩れた。それが浜松戦でも出て、今日は盛り返したけど最後は押し切られた、という感じです。今後、戦う相手がパワーのあるチームが多いので。でも、どこかで盛り返さないといけないと、すごく感じているので、また一歩一歩やっていかないとと感じています。

 

――連勝からの連敗ですが、今季は連勝と連敗が続いていると思うのですが、その要因はあるのでしょうか?

米川 そうですね…。今シーズン、一番違うのは単純に守れる選手が少ない。それは数字でも出ていると思いますが、深津が抜けて、よりそこが如実に出ているかなという印象が、すごくあります。たとえば、もう少しケガ人がいなくて、選択肢があれば、また違うやり方もあるのですが、現状だと本当に引き出しが少ない。その中で、本当にどうやりくりするか。戦術面でも、選手もそう。なかなか、こう悩ましいなと。

うまくいっているときは、ディフェンス面のところを全体でカバーできているので、しっかり点も取れている。高い位置からのプレスがハマっているときは、まあまあ良いリズムで素。しかし、そうじゃないつらい時間帯を防ぐときのやり方というか、選手というかがちょっとキツイかなというのはあります。そこが改善というか、もうちょっとどっちかのやり方でやっていければ、もうちょっと勝ち点は拾えるかな、という印象です。

 

――選手層の話がありましたが、その中で石田健太郎選手がデビューしました。彼のパフォーマンスについては?

米川 彼はボールを持ったとき、ボールがないときの動きは、そんなに違和感はないかなと。とはいえ、代表に行っていることもあって、しっかりチームで合わせる時間はまだありません。攻撃面で今日のパフォーマンスよりも良いパフォーマンスを、安定して出せれば、試合出場時間は増えてくるんじゃないかなと。彼の良さは、しっかり運んでスルーパスを出せる。ギリギリまで相手を見れるところなので。体もしっかりつくれていければ、パッシャン(西谷良介)みたいな選手になるんじゃないかなと。我慢しながらでも、使っていく意味はあるのかなと思います。

とはいえ、すごく試合中の声が出ないので、ディフェンス面でのマークミスとか、自分がどうしたいのかを仲間に伝えられません。そこは絶対に改善しないといけないところです。それでもチームに合流し始めたときよりは、良くなっています。大学との強化指定で、そういう事例をたくさんつくってきたいので、これからも期待していきたいなと思います。

関連記事

  1. オールスターゲームのファン・サポーター投票が開始
  2. 【Fリーグ】新王者はシュライカー大阪!! パワープレー返しで町田…
  3. 【Fリーグ】ラストマッチで木暮賢一郎監督が大阪の選手たちにした唯…
  4. 【オーシャン杯】初の公式戦でFP荒牧太郎が感じた仙台に足りないも…
  5. 【Fリーグ】立川・府中が元日本代表FP山田ラファエルユウゴの退団…
  6. 【オーシャン杯】初戦勝利に安堵するFリーグ選抜FP伊藤圭汰「今日…
  7. 【Fリーグ】オールスター出場24選手が決定! 最年長FP甲斐修侍…
  8. 【フォトニュース】名古屋合宿を行ったU-19日本代表 山田正剛、…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。