Fリーグ

【Fリーグ】浦安が米川監督の今季限りでの退任を発表 「申し訳ない気持ちでいっぱい」

TAKU6202 (1500x1128)

バルドラール浦安は1日、米川正夫監督が2016-17シーズン限りで退任することを発表した。なお、後任については、「決定次第お知らせいたします」としている。

 

米川監督は、現役時代に浦安の前身であるプレデターに所属。現役引退後はバルドラール浦安セグンドコーチ、バルドラール浦安ラス・ボニータス監督、バルドラール浦安セグンド監督を務めた後、2014‐15シーズンからトップチームの監督に就任した。

 

クラブを通じて米川監督は、「今季限りでプリメーロの監督を退任することになりました。まずは私がプリメーロを率いた3年間へのご声援に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。ありがとうございました」と、感謝のコメントを発表。

 

監督就任1年目は3位でプレーオフに進出したが、昨季は主力選手の負傷もあり、8位と過去最低の順位に低迷。今季は3節を残して、プレーオフ圏外の6位となっている。「私がプリメーロを率いてきた3年という期間は、クラブフィロソフィーのボールを保持し、攻守両面において主導権を握るフットサルを表現できるようなチームを作るために、常に努力してきました。しかし、ここ2年間は良い成績を残せず、ファン・サポーターの方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです」と、すでにプレーオフに進出する4チームが決まっていることもあり、ファン・サポーターに謝罪した。

 

それでも米川監督の下、チームは着実に若返りをはかってきた。「現在のバルドラール浦安はタレントが豊富だった時代から、選手の入れ替わりも進み、チームが次のステップへ進む過渡期にあると思います。近年は若手選手も台頭し、未来が楽しみなチームに生まれ変わりつつあります」と、米川監督も成果を強調する。

 

そして最後に「公式戦は残り3試合のリーグ戦とプレーオフ、その先の全日本選手権となりますが、引き続きバルドラール浦安への応援をよろしくお願いいたします」と、コメントを締めくくった指揮官。最後までタイトルを目指して戦い抜く。

関連記事

  1. 【Fリーグ】大阪の大森洋GMが2016-17シーズンのトップリー…
  2. 【PH】33節 フウガドールすみだvsデウソン神戸(51枚)
  3. 【Fリーグ】最年少出場を果たしたFP清水 「この中で結果を残せな…
  4. 【Fリーグ】湘南のFP安嶋健至が全治3カ月の負傷
  5. 【Fリーグ】ホーム最終戦で鈴村との対戦も実現した湘南FP久光「ス…
  6. [女子選手権]悔しさをバネに圧倒的な存在感を示した丸岡ラックFP…
  7. 【Fリーグ】神戸が山本尚希監督の退団を発表 「1年半やりきったよ…
  8. 【Fリーグ】19歳で初のオールスター出場を果たした清水(11枚)…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。