U-20日本代表

【U-20アジア選手権】難敵ベトナムを1失点に抑えたGK山田正剛「みんながめちゃくちゃ走ってくれて、走り負けなかった」

[5.20 第1回AFCU-20フットサル選手権 日本3-1ベトナム フアマーク]

U-20フットサル日本代表は、19日に行われたU-20ベトナム代表戦に3-1で勝利。グループステージ突破を決めた。この試合、4試合目にして初めて先発出場したGK山田正剛は、広い守備範囲で相手が放り込んでくるロングボールをカット。強烈なシュートに対しても、鋭い反応を見せて最少失点に抑え込んだ。第2戦のタジキスタン戦では途中出場して、パワープレーから2失点を喫していたが、数的優位をつくって攻め込んでくるベトナムの攻撃を抑えられたことについては、「みんながめちゃくちゃ走ってくれて、走り負けなかった」と、FPに感謝した。

以下、試合後の山田正剛選手のコメント
――仕事しましたね!
山田正 仕事しましたか(笑)? そうっすか? まだ、全然っすよ。
――初先発でしたが、どのような気持ちで試合を迎えましたか?
山田正 別に、いつも通りの感じで入りました。
――2戦目で途中出場して、結構やられたじゃないですか?
山田正 やられましたね。もう、全然、試合に入り込めなくて難しかったです。難しい時間帯から入ったこともありましたが、やらなきゃいけないことが全然できませんでした。でも、それがあったからこそ、今日は気持ちの整理は付きやすかったです。
――チームとしてパワープレーの守備が一つの課題でしたが、やってみた感じはどうですか?
山田正 ベトナム戦の前に(鈴木)隆二さんから、パワープレーのディフェンスを結構、念入りにミーティングだったり、長い時間話した結果、フィクソの選手をはじめ、みんながめちゃくちゃ走ってくれて、走り負けなかったことが、こっちの気持ちも出ていましたし、勝てた要因かなと思います。
――山田正剛選手自身も、かなり広い範囲をカバーしていました。前からプレスをかけて、相手に蹴らせてカバーするというのが、狙いとしてあったのでしょうか。
山田正 僕のカバーリングはクロモト選手を見習ってやっていたので。やれと言われてやっているわけではないのですが、出るところはしっかり、事前にガッと出られるように、自分の持ち味の結果、ああいうカバーリングがうまくいった場面がたくさんあったと思います。
――セービングも光っていました。一本目を止めたことで、乗れたのではないですか?
山田正 前半は結構、良かったですね。一本目は股下を通っていたので、全然、見えなかったのですが反応できました。ああやって一本目のシュートを止められると気持ちも上がるので良かったです。
――決勝ラウンドに向けてはいかがですか?
山田正 どうですかね。どう意気込めばいいのか。相手がどっちになっても、関係ないですね。
――チームの雰囲気も良くなっているのではないですか?
山田正 良くなりましたね。昨日はさすがに暗かったので。今日はみんなで踊って、叫んで、ずっと歌ってました(笑)。
――ここから勝ち進んでいきましょう。
山田正 そうですね。もう一回、僕も試合に出て、結果がほしいので。勝ってアピールしていきたいです。
――でも、試合に出ていないときも、坂選手にアドバイスをしたり、しっかりサポート役をこなしていましたね。
山田正 そうっすよ。家族なんで(笑)。
――山田選手の口から、そんな言葉が出てくるとは(笑)。
山田正 (笑)。また次も勝てるように頑張ります。

関連記事

  1. 【日本代表】トレーニングキャンプで刺激を受ける初招集のFP森村「…
  2. 【アジア選手権】日本戦の敗因を語るウズベキスタン監督 「このゲー…
  3. 【日本代表】初めての代表候補合宿で多くの課題を見つけたFP宮原「…
  4. 【U-19日本代表】フットサルへの適応を実感するFP石田「高校の…
  5. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号12 GK伊名野慎…
  6. 【U20アジア選手権】唯一の失点シーンを悔やむFP中村充「プレー…
  7. 【U-20アジア選手権】反撃の狼煙となるゴールの山田慈英「出たら…
  8. 【アジア選手権】宣言通りの21歳初ゴール! FP清水和也「打たな…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。