【U20アジア選手権】最後までピッチを離れられなかったGK山田正剛 「負けた悔しさも…フットサルで返したい」

[5.23 第1回AFCU-20フットサル選手権 日本 0-1 イラク バンコクアリーナ]
試合終了のブザーが鳴り響き、U-20フットサル日本代表のベスト8での大会敗退が決まった。優勝候補の一角と目されたイラクに、彼らのやりたいフットサルをほとんどやらせなかった日本だが、得点を奪うことはできずに、1点を失い、大会を去ることとなった。試合後、ファンに挨拶をした選手たちが、ロッカールームへ戻っていく中で、GK山田正剛は最後までピッチを離れることができず、呆然と立ち尽くしたままだった。

以下、イラク戦後の山田正剛選手のコメント
―――最後までピッチを離れることができませんでしたね。
山田 そうですね。
―――いま、何を思いますか?
山田 やっぱり、終わりたくないと。(負けを)実感したくないという感じがずっとしていて…。ピッチを出たくありませんでした。
―――内容的には、日本がやろうとしたことができていたゲームだったと思います。
山田 相手にほとんどシュートも打たれず、かなり押していた状況だったのですが、なんですかね…。何が足りなかったんでしょうね…。
―――日本は今大会、パワープレーで苦しめられましたが、最後の時間のパワープレーもうまくいきませんでした。シビアな経験は足りなかった気がしますね。
山田 どうなんでしょうね…。
―――失点した場面については、日本の守備が機能していた中でのものでした。相手のファウルもあったように見えましたが、手ごたえを感じていた中で喫したものだったのではないですか?
山田 そうですね。流れ的にも良い状況で油断ができてしまい、ああいう結果になったと思います。
―――この大会はここで終わりましたが、今後、この経験をどう自分のキャリアに生かしていきたいですか?
山田 うーん……。この大会での経験っていうものが、あまりにもデカすぎて…。ロッカールームであったこと…みんなで過ごした中…どれも感慨深いというか、僕の人生の中でも一番の経験すぎて、何と言えばいいのか……。けど、この経験を一番生かしたいのは、フットサルで、ですし、負けた悔しさもフットサルで返したいので、チームに戻っても、またこうして日本代表に選ばれるように……日々、頑張ります。