アジア選手権

【AFC女子選手権】エースの重責とともに戦った初の国際舞台 FP江口未珂「自分のプレーをもっと代表で出せるように」

[5.12 AFC女子アジア選手権タイ2018決勝 日本女子 2-5 イラン女子 フアマーク]
フットサル女子日本代表は、12日に行われたAFCフットサル女子選手権タイ2018の決勝で、イランに2-5で敗れ、準優勝となった。国内では無双の働きを見せたFP江口未珂は、今大会の日本代表のエースとして大きな期待を集めていた。しかし、今大会は彼女にとって初めての国際大会。国内ではいとも簡単にゴールネットを揺らしていた江口だが、国際舞台では思うように点が取れずに、次第にプレーからは思い切りの良さが消えていった。それでも決勝ではパワープレーから反撃の一撃を記録。優勝にはつながらなかったものの、きっと今大会の経験を、これからの選手キャリアに生かしてくれるはずだ。

以下、イラン戦後の江口未珂選手のコメント
――女子Fリーグの会見で小倉純二COOが名指しで期待選手として初代表の江口選手の名前を挙げたりしていました。ものすごいプレッシャーを感じながら今大会を戦っていたのではないですか?
江口 初めてだったので、どんなことをするかもわからなかったですし、どういう相手かもわからない状態で臨んでいました。そこで、さらになかなか自分で結果を残すこともできなくて、いつものリーグ戦では結構、点も取ることができていたのですが、なかなか得点することができなくて……。

――めっちゃプレッシャー感じていましたよね。思い切りが欠けて、考えているな…って。
江口 そうですよね。見ている人は、そう思うんでしょうね。

――それでもゴールにつながりそうなシュートを打つと、ちょっと前向きになれていた気がしました。自分のよりどころとなるプレーを持つことは、今後のポイントかなと思います。
江口 シュートは、どの試合でも意識はしていました。ただ、1点が遠かったかなって。1点入れば、ポンポン入るような感じでした。

――今大会、今日のゴールまでちょっと空きましたもんね。
江口 はい。

――ここから自分自身、何を持ち帰り、取り組みたいと感じていますか?
江口 代表で学んだ戦術などは、チームにも落としていって練習でもちゃんとやりたいと思います。まずは自分が、自分のプレーをもっと代表で出せるように練習したいと思います。

――あれだけ日本国内では圧倒してきた直後なので、難しいですよね。自分でどれだけ高いハードルを設定できるかになります。
江口 はい。チームと代表は練習内容も戦術も、全然違いましたし、覚えるのは大変でした。その戦術を取り入れた中でも、自分の良さを出せたら良いプレーヤーになれるんじゃないかなと思っています。

――その意味では次のステップに進むためには、どうすればいいかが見えた大会だったんですね。
江口 はい。そうですね。アルコイリス神戸は攻撃も自由でやっていくので、そんなに固定はされませんが、代表はパターンプレー、セットプレー、いろいろな形を覚えた中で、自分の良さであるシュート、ラストパスをもっともっと出すことが求められます。それが出せたら、今後、代表でも活躍できるんじゃないかなと感じています。

――それを出せるように頑張ってください。
江口 はい。良い経験になりました。

――ぜひ、この経験を生かして日本を勝たせる選手になってください。
江口 はい。ありがとうございました。

◆◆【PR】新フットサルブランド LEGIT◆◆

関連記事

  1. 【U-19日本代表】フットサル経験はゼロ、FC東京U-18から招…
  2. 【女子】第5回地域女子チャンピオンズリーグ supported …
  3. [女子選手権]悲願のタイトルをもたらした急成長の16歳 丸岡ラッ…
  4. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号6 FP植松晃都(…
  5. 【AFC女子選手権】10分以上のパワープレーを1失点に抑えた日本…
  6. 【日本代表】初のフル代表合宿で自信をつけたFP内田隼太「目標は2…
  7. 【アジア選手権】見据えるのは2大会ぶりタイトルのみ FP森岡薫「…
  8. 【日本代表】4年後のW杯出場権獲得に向けて始動した日本代表 FP…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。