アルコイリス神戸

【女子FリーグPO】選手権女王に完勝の神戸 決勝の府中戦へFP関灘美那子「やっとリベンジできるチャンスがきた」

[1.14 女子Fリーグプレーオフ1回戦 神戸 7―2 丸岡 駒沢屋内]

アルコイリス神戸は14日に行われた日本女子フットサルリーグ2017プレーオフ1回戦第2試合で丸岡ラックに7-2と快勝。2連勝で決勝に駒を進めた。前半こそ3-2と競った試合になったが、後半は4-0と相手を圧倒。神戸のキャプテンを務めるFP関灘美那子は、丸岡が2人のキーマンを欠いていたことを大差がついた理由に挙げたが、同時に「勝てるところで勝負しよう」としていた自分たちの戦い方を振り返り、決勝の府中アスレティックFCプリメイラ戦への意気込みを口にした。

以下、試合後の関灘美那子選手のコメント

――大差が付く結果になりましたね。
関灘 丸岡ラックさんが一人、昨日の試合で退場していた子(田中悠香)がいたのと、いつも主力で出ている10番の子(池内天紀)がいなかったんですよね。昨日のアップのときから「(池内が)おらんくない? おらんくない?」と言っていたら、体調不良だったらしいんですよね。私たちは多くの人数で回しているところもあるので、最終的に体力面で勝てたかなと思います。

――選手層には差がありましたね。前半はガチガチになりましたが、相手を消耗させる意図があったのですか?
関灘 体力を奪いたいという話はしていました。最後に走力で勝つ自信はありましたし、ず「走り勝ちしよう」とずっと話して取り組んできたことでした。

――昨日の40分と今日の前半の20分はつないでいましたが、今日の後半は放り込む回数が多かったですね。
関灘 はい。シンプルに、勝ちだけにこだわってやろうということで徹底しました。

――先ほどの走力と、その戦い方が機能したこともあり、ほとんどワンサイドゲームになりました。
関灘 ピヴォ当ての収まり具合もよかったので、その勝てるところで勝負していこうとみんなで話していました。そしてそこに対してしっかり走り込む。その意識は高かったです。

――決勝で戦う府中アスレティックFCには、レギュラーリーグで負けています。
関灘 やっとリベンジできるチャンスがきたなという感じです。平日はみんな仕事があるので、これからすぐ関西へ帰ります。(Fリーグのプレーオフも)見たいんですけど、見たら帰るのが遅くなるのでね(笑)。

関連記事

  1. 【FリーグPO】過去最高の3位になったからこそ見えたもの 湘南F…
  2. 【FリーグPO】湘南戦でMVP級の活躍を見せたダニエル・サカイ、…
  3. 【PH】プレーオフ 湘南ベルマーレvsフウガドールすみだ(33枚…
  4. 【Fリーグ女子PO】初戦でビハインドを背負うも逆転を誓う府中プリ…
  5. 【FリーグPO】プレーオフ・ファイナルへ進んだ町田 岡山孝介監督…
  6. 【FリーグPO】過去最高の3位になった湘南 「夢のようなシーズン…
  7. 【女子】江口未珂がWハットトリック! アルコイリス神戸が丸岡ラッ…
  8. 【女子】府中か、アルコか、丸岡か? 初代女王を決める日本女子リー…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。