【U20アジア選手権】唯一の失点シーンを悔やむFP中村充「プレーを切れば、外に蹴ればよかった」

[5.23 第1回AFCU-20フットサル選手権 日本 0-1 イラク バンコクアリーナ]

初代王者を目指して第1回AFCU-20フットサル選手権に臨んでいたU-20フットサル日本代表だったが、準々決勝でイラクに敗れて、大会を去ることになった。日本が喫した唯一の失点は、プレス回避のロングボールを入れられて生まれた。このボールに対応したのは、中村充だったが、相手選手が強引に奪ってシュートまで持っていく。リプレーを見れば、ファウルであることは明白だが、審判団はファウルを認めずに、このプレーが決勝点となった。試合後のサポーターへの挨拶では、最後まで深々と頭を下げていた中村。この場面については「僕の判断ミスで招いたこと」と、責任を重く受け止めた。
以下、イラク戦後の中村充選手のコメント
――日本はやれることをやって、プラン通りに試合を進めていたのに、一瞬のところでやられてしまったと思います。試合をどのように振り返りますか?
中村 そうですね。一瞬のところでやられたのはありますが、最後に点を決められなかったのは、僕の決定力不足であったり、僕の判断ミスで招いたことなので、すごく責任を感じています。こんなに大きな舞台で経験ができたのは、すごくでかいので、また修正して、日の丸を背負って、借りを返せるようにやっていきたいと思います。
――ハーフに絞った守備で相手に何もさせない守備ができていました。あの失点になった一回くらいしかチャンスらしい、チャンスは与えませんでした。中村選手が対応した場面ですが、あの時間に10番ではなく、機動力のある3番の選手が出ていたことも、厄介だったかなと思います。
中村 (ボールとの間に)体を入れることができたんですけど、プッシュもありましたし、足と一緒にボールを持っていかれたのにファウルもありませんでした。プレーを切れば、外に蹴ればよかったと思いますね。あの一瞬で、キープするか、蹴るか迷って。そうしたら刈られてやられた形だったので…。
――ファウルだと思ったら、プレーが続いたと。
中村 そうですね。一言でいえば、僕の判断ミスです。あれは間違いなく…。
――それまでは植松選手や石田選手がピヴォに対応していましたが、あの時は入れ替わってましたね。
中村 だいぶ引いていたので、がっつり(プレスを)かけたところの裏だったので。対処しきれたかなとは思いますね。
――最後のパワープレーの場面、相手の守備はずれていて、奥に入れてたあと落とすことができれば、走りこむ選手は前を向けていました。それ以前に、残り2分から始めたパワープレーが、なかなかうまくいきませんでした。あのときの心理状態はどのようになっていましたか?
中村 僕自身は、そんなに焦りはありませんでした。必ず点も取れると思っていましたし、必ずどこかのタイミングでディフェンスがずれるとわかっていたので。ちょっとうまくいかない部分が最初の1分で続きましたが、僕はそんなに焦っていなかったのですが、ちょっと時間を見て、ラスト10秒になったときには、少し焦ってしまいました。1分を切ってからは焦りもあって、うまく回らなくて、という部分が多くなったと思います。まぁ、言われたとおりの場所が空いていたというのはありますが、そこは僕らの判断ミス、実力不足っていうのが目に見えてはっきりわかったので、次にまた努力して、ここに戻ってこられるように。次はもうアンダー世代はないので、A代表に入って、今度はもうアジアではなく、世界になるので、そこでも戦えるようにまた努力していきたいと思います。
――相手は切り替えが遅く、フットサルに大事なところが欠けているように感じて、前半が終わったころには『日本いけるかな』と思って見ていました。ただ、最後のゴール前のところに日本の精度不足、甘さがあったのかなと感じます。
中村 そんなこともないと思うんですけどね。自分たちのやれることはやっていたと思います。ちょっとうまく今は言葉が出てきませんが…。
――帰ったら、この経験をどう生かしていきたいですか?
中村 この大会に出たこと自体が大きなことだと思うので、Fリーグで戦っても、なかなかこういう身長が高くて、足が長くて、体も強いという選手もいると思いますが、それに向けては良い経験に放ったと思っています。すごく、大きすぎる経験ができたと思っているので、日本に帰ったら、自分のやることをやって、結果を残して、次につなげていくことしか考えていません。
――今後、この借りをアジアで必ず返してください。
中村 はい。頑張ります。