Fリーグ

【Fリーグ】Fの歴史が変わる!! 森岡弾で先制の町田がファイナル・ラウンドへ。名古屋の連覇は「9」で止まる!!

[2.25 Fリーグプレーオフ・セカンドラウンド 名古屋0-3町田 墨田]

 

Fリーグは25日、墨田区総合体育館でプレーオフ・セカンドラウンドを行い、前日のファーストラウンドに勝利した名古屋オーシャンズとペスカドーラ町田が対戦した。

 

プレーオフ・ファイナル進出を目指し、序盤から両チームがアグレッシブに戦う。最初に仕掛けたのは名古屋。開始30秒、FP星龍太からFPシンビーニャにパスが通り、シュートに持ち込むが、GKイゴールに防がれる。これで得たCKからFPセルジーニョがボレーでゴールを狙ったが、枠を左に逸れて行った。

 

2分には町田も高い位置でボールを奪い、ショートカウンターからチャンスをつくる。FP森岡薫のポストプレーからFP滝田学がミドルシュートでゴールを狙ったが、左ポストに嫌われる。同8分にはFP室田祐希が右サイドからドリブルでしかけ、折り返したボールにFP中井健介が飛び込むが、枠の左に逸れて行った。

 

攻勢になった町田は、9分にも中井のパスから滝田がゴールを狙ったが、今度はクロスバーに嫌われる。その1分後にはFP本田眞琉虎洲が右サイドからシュートしたが、これもGK篠田龍馬にセーブされた。

 

名古屋もシンビーニャが決定的な場面を迎えたが、GKイゴールの好守に阻まれて得点を挙げられない。迎えた前半15分、敵陣中央でボールを収めた森岡が、DFを引き連れながら右サイドに流れていき、右足を強振する。強烈なシュートがゴール右上に突き刺さり、町田が1点をリードした。その後、町田は前半5つ目のファウルを犯すが、リードを保ったまま前半を折り返した。

 

後半の立ち上がり、名古屋はセルジーニョがエリア内に仕掛けて倒されたが、ファウルは認められない。すると後半2分、町田はGKイゴールからのロングスローを相手ゴール前で受けたFP金山友紀がシュートを決めて、リードを2点に広げた。

 

プレーオフ・ファイナル進出に2ゴールが必要となった名古屋は、FP安藤良平がDFを振り切ってシュートを放つが、GKイゴールに防がれる。その後も、シンビーニャ、セルジーニョを中心に攻めたが、イゴールを中心に体を張って守る町田の壁を破れない。逆に町田の速攻を食い止めるためにファウルも重なり、10分を残して5ファウルになってしまう。

 

残り7分から名古屋はパワープレーを仕掛ける。しかし、町田の守備は集中が切れず、決定的な場面もほとんどつくれない。残り2分51秒、イゴールのパワープレー返しが名古屋の無人のゴールに決まり、3-0となる。

 

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

このまま試合は終了し、町田が3-0で完封勝利。町田がプレーオフ・ファイナル進出を決めるとともに、「絶対王者」名古屋の10連覇が夢となった。

関連記事

  1. 【U-19日本代表】カザフスタン戦以来の公式戦スタメン出場のGK…
  2. 【Fリーグ】湘南がトップ・サテライトの追加セレクションを実施
  3. 【Fリーグ】F2参戦クラブが次々と声明を発表 長野と白山は会見を…
  4. 【Fリーグ】北海道がFP本田拓磨とFP辻井史也の退団を発表
  5. 【オーシャン杯】初戦勝利に安堵するFリーグ選抜FP伊藤圭汰「今日…
  6. 【Fリーグ】日本代表に招集された大分FP仁部屋「しっかりと集中し…
  7. 【Fリーグ】リーグ戦、すみだに2連勝の仙台 ホセ・フェルナンデス…
  8. 【Fリーグ】最下位に沈んだ大分の転換期となるか サテライト、U-…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。