Fリーグ

【Fリーグ】名古屋×すみだ 試合後のすみだ 清水選手コメント

taku3757-1500x1124

9月3日に行われたFリーグ第13節の名古屋オーシャンズ対フウガドールすみだの一戦は、5-5の引き分けに終わった。暫定首位に立っていたすみだは、名古屋を相手に2点をリードする展開となる。その後は逆転を許すと、2度に渡って名古屋にリードされる展開となったが、辛くも同点に持ち込み、暫定首位の座をキープした。試合後、すみだの清水和也は、今季残っている2度の対戦で名古屋にリベンジすることを約束した。

以下、試合後のフウガドールすみだ 清水和也選手のコメント
――今季初の名古屋戦、先制された直後にカウンターから同点ゴールが出ましたね。
清水 出ましたね。気持ちが呼び込んだゴールというか。点を取ることを狙っていたので。それがハマったという感じです。

――すみだは序盤、3-1の布陣にこだわっていたと思いますが、その中で太見寿人選手と出場してアラに入っていました。
清水 フトさん(太見)と出たときは役割的にはアラで、追い越す動きが一番求められていると思うので、そこを徹底的にやることと、守備では圧力をかける部分が一番、監督からの指示なので。それを体現するだけです。僕自身、何も迷いがなくやれているので、今のところは大丈夫です。

――守備に関しては、1カ月前に比べても自信を持ってやっていますね。
清水 自信も若干ついてきたと言いますか。そういうのもあると思います。あとはカードのリスクがあるので、少しいけないときもあったのですが、今日は気持ち的にも入っていたので、しっかりできた部分はあったんじゃないかなと思います。

――3-1とリードしたことで手ごたえもあると思いますが、一方で勝ち切れなかったことで課題もあると思います。
清水 僕らが単純には勝ち切れなかったのもそうですし、名古屋の底力を見せられましたね。

――パワープレーはうまかったですね。
清水 こちら側もやられる危険なゾーンを分かっていて、ああいう対策をしたつもりだったんですけど。そんなにきれいなゴールではなかったじゃないですか? やっぱり泥臭く、体を張って取ったゴールだと思うので、そこは名古屋の力が一つ上手だったと感じます。僕たちも負けたくない気持ちもあったし、終盤に追いつけたことは、今後良い風になっていくと思います。

――チームとして暫定首位で中断期間を迎えられたことはどう感じていますか?
清水 誰も想像していなかったと思いますが、僕らは自分たちのフットサルを追求した結果が、この順位だと思っています。第2クールもしっかり切らさずに、結果を求めてやれば、おのずと結果は付いてくると思います。この流れを途切れさせることなく、第2クール、第3クールも戦いたいですし、名古屋にもリベンジする機会があと2回あるので、そこでしっかりと対応して、しっかりと白星を積み重ねたいなと思います。

――いま、「リベンジ」という言葉がでましたが、やっぱり勝てる試合を落とした印象ですか?
清水 うん。全然悪くはないと思うんですけど、個人的には勝ちたい気持ちが強かったので、勝ちたかったです。

――13試合で9ゴールという個人の成績については?
清水 もっと取れますよね。絶対。取り切れていない部分がたくさんあるので、そういうところを一つひとつ潰していかないといけないと思っています。でも、まずは中断期間でしっかり体を休めないといけないので。

――名古屋は中断期間でアジア遠征を行い、再び強化します。清水選手は、どのように中断期間を過ごしたいですか?
清水 まずしっかりと休むことが一番ですね。ケガをするリスクというのは、シーズンを通して疲労が蓄積すればするだけ、増してくると思うので。まずしっかりここで落として、激しいトレーニングをすればいいんじゃないかなと思うので、一回、気持ちを切り替えて休みたいと思います。

関連記事

  1. [Fリーグ]小田原セントラル全試合 応援.COMにてLIVE配信…
  2. 【選手権】チームを2冠に導いたキャプテン 大阪FP佐藤亮「フット…
  3. 【PH】日根野谷建が2ゴール! 開幕1週間前のプレシーズンマッチ…
  4. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号10 FP山田慈英…
  5. 【Fリーグ】キャリアの最終年にオールスター出場を果たしたFP甲斐…
  6. 【Fリーグ】まさかのドローにも前を向く名古屋FP星龍太「初心に立…
  7. 【オーシャン杯】名古屋サテライトに突きつけられた現在地 白山FP…
  8. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号14 FP新田駿(…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。