フットサル日本代表

【日本代表】名古屋合宿2日目は2部練習を実施、午後は攻撃トレーニングを実施

taku2272-1500x1128

2日目の午前中も、守備戦術の確認が行われた

フットサル日本代表は25日、名古屋トレーニングキャンプの2日目を迎えて、午前と午後の2部練習を行った。10時から始まった午前練習では、昨日に引き続き守備の確認を行い、16時からのトレーニングでは、攻撃の練習が行われた。

 

前日のトレーニングとは、まったく別のメニューでウォーミングアップは行われ、選手たちはサーキットトレーニングや対面パス、ストレッチなどで、40分ほど体をほぐした。

 

前日の練習ではフィールドプレーヤーが数的同数の状態で、どのようにプレスを掛けるかのトレーニングを行ったが、この日は数的不利の状態での守り方についても、ブルーノ・ガルシア監督からの説明があった。ハーフコートで攻撃側が2人、守備側が1人という状態で練習は行われ、監督はまず守備者に2人のアタッカーを視野に入れるように守ること、そしてボール保持者から出されるパスの角度、受け手の位置によっては、GKが飛び出して対応するように要求した。

 

続いてコートを少し広げて、攻撃側が3人、守備側が2人でトレーニングが行われ、同じくサイドにパスが出たときのフィールドプレーヤーとGKの連係を確認。ここでは、GKが飛び出したとき、中にいる2人の相手選手に対して、誰がマークするかを細かく確認した。

 

次に行われたのは、前日も行われた両ペナルティーエリアの端にゴールを置いた状態での3対3だった。昨日とは異なるセットで行われている。

 

橙:星、皆本、仁部屋、加藤未、清水
黄:諸江、小曽戸、宮原中村、森村
青:西谷、田村、加藤竜、室田、岡村

 

午前練習の最後には、選手たちをポジションごとに分けて、シュート練習を行った。ブルーノ監督はピヴォの選手たちを直接指導。相手フィクソのマークに応じて、どのようなシュートを使い分けるか、複数のバリエーションを示していた。こうして約2時間の午前中のトレーニングが終了した。

taku2561-1500x1125

ヒールキックでゴールを狙うパターンを示すブルーノ監督

 

taku2932-1500x1127

午後トレーニングの前には、GKの練習が行われた

 

午後のトレーニングは16時に開始されたが、その30分前からGKの3選手が内山慶太郎GKコーチの指導の下で、GK練習を行った。午後のトレーニングでは、45分間のウォーミングアップの後、今回の合宿で初めて攻撃の動きを確認した。DFを付けない状態で、ピヴォにボールを当てる形、サイドで1対1をつくる形、旋回する形の3つの攻撃パターンに取り組んだ。各パターンを実際に試す前には、そのプレーがどういう状態であれば有効かが、丁寧に説明されていた。

 

シュートのトレーニングをした後は、両チームのピヴォとフィクソを固定した状態で3対3(ピッチ上ではGKを合わせて6対6)のトレーニングを行った。ここで先ほどまで取り組んでいた3つの攻撃の形が出せるかを確認している。チーム分けは、午前中と同じになっている。

 

橙:GK上原、FP星、皆本、仁部屋、加藤未、清水
黄:GK関口、諸江、小曽戸、宮原、中村、森村
青:GK藤原、西谷、田村、加藤竜、室田、岡村

 

このトレーニング終了後、FP清水和也を中心にピヴォの3選手はブルーノ・ガルシア監督に質問をしていた。クールダウンを終えて、約2時間のトレーニングが終了。26日は名古屋トレーニングキャンプの最終日となり、午前練習が行われる。

taku3727-1500x1125

前日よりは強度が低くなったが、ゲーム形式の練習は行われた

関連記事

  1. フットサル日本代表の新監督にベトナムをW杯16強に導いたブルーノ…
  2. 【タイランド5s】タイ戦前日練習後の鈴木隆二監督コメント「厳しい…
  3. 【アジア選手権】好守で初戦勝利に貢献 GKイゴール「みんなを信じ…
  4. 【アジア選手権】見据えるのは2大会ぶりタイトルのみ FP森岡薫「…
  5. 【U-19日本代表】合宿の成果を示し、一度はリードを奪うものの3…
  6. 【アジア選手権】ポルトガル・リーグ杯制覇のFP逸見勝利ラファエル…
  7. 【アジア選手権】7月から17試合を戦ってきたバーレーン代表監督「…
  8. 【U-20アジア選手権】ベトナム戦で本領発揮となるか 仁井貴仁「…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。