【クラブアジア選手権2017】チョンブリ戦後FP小曽戸允哉選手のコメント「悔しいし、申し訳ないし、情けないし」

[7.27 AFCクラブ選手権2017 チョンブリ 4-2 大阪 ホーチミン]

シュライカー大阪は27日、AFCフットサルクラブ選手権2017の準々決勝でタイのチョンブリと対戦した。Fリーグで名古屋オーシャンズの10連覇を阻み、初のアジア挑戦を目指した大阪だったが、2-4で敗れて大会を去ることとなった。

以下、試合後の小曽戸允哉選手のコメント
――個人的にもかなり悔しい大会になってしまったかなと思いますが…。
小曽戸 イラン(サナイェ)戦でのミスを取り返すためにと思って、今日もプレーしていましたけど、それでも足りなかった部分は大きかったですし、悔しいし、申し訳ないし、情けないし、難しいですね。言葉にするのは。

――1失点目から3点目まで立て続けに入ってしまいました。あの時間帯は混乱が起きたのでしょうか?
小曽戸 そんな感じは自分たちはありませんでした。失点の仕方が悪かったというのはもちろんありますけど、それよりも自分たちが前半の最初の良い時間帯で決められなかったことが、それ以上に大きいのかなという気がします。

――3失点目のキックインは、ボールが大きくなってしまったのですか?
小曽戸 自分的には、そこまで大きいと思わなかったです。柿原に直接届けばと思ったのですが、カッキーの胸トラップが大きくなってしまったのか…。足元に出した方がよかったのかなと思います。監督にも「あそこはリスクかけないでくれ」と言われたので、本当に自分の判断ミスです。技術ミスというよりは、判断ミスだと思います。

――チョンブリ戦、サナイェ戦、自分たちの時間帯を作った中での敗戦が続きました。代表でもこういうゲームが続いています。過去の代表も知る小曽戸選手から見て、アジアにおける潮目は何が変わってきたように感じていますか。
小曽戸 仕留める力っていうのは、今日の自分たちもそうですが、前回のサナイェ戦もそうですよね。そこが足りないのかなと思います。あれだけチャンスをつくりながらも点を取れないとやっぱり苦しいですし、点が取れなかったら勝てないというのは当たり前です。そういったところは、自分を含めて一人ひとりが高めていかないといけないところかなという気持ちです。

――ここで終わってしまったから難しいかもしれませんが、日本人だけのメンバーでやれたことで見えたことはありましたか? たとえば、守備に関しての集中力はこれまで以上に良いものがありました。Fリーグでも大阪の失点数はちょっと多すぎると思います。この守備を継続してFリーグも戦うことは、今後、大阪が一つ上のステップにいくために必要なことかなと感じるのですが。
小曽戸 ここに来たことは、チームとしてプラスにしていかないといけません。ここでできたこと、できなかったことを含めて、リーグで出さなければ、この経験は意味がなくなります。悔しいですし、今はまだそんなに考えられませんが、でも、リーグはすぐに帰ったら始まります。そこに向けて、自分たちがこの大会で得たもの、悔しい気持ちをリーグに向けて出していかないといけないと思います。そこはやっぱり、帰ったら帰ったで、バナナ(ヴィニシウス)だったり、チアゴだったり、他の選手たちを含めて、もう一回戦うことが大事ですけど、ここに来た14人はそれぞれここで得た経験をリーグに生かしていかないといけないと思います。

――突き詰めていって、強い日本を取り戻しましょう。
小曽戸 そうですね。この悔しさをやっぱり次につなげていかないと意味がないと思うので。リーグを発展させて、リーグがまた日本代表を強くしていくというふうになっていかなければ意味がない。今回、本当に悔しいですが、次に向けて進んで行かないといけないのかなと思います。