【Fリーグ】新王者はシュライカー大阪!! パワープレー返しで町田に競り勝ち、初戴冠!!

[3.4 Fリーグプレーオフ・ファイナル 大阪 3-2 町田 岸和田]

 

Fリーグは4日に2016-17シーズンのプレーオフ・ファイナル第2戦を行い、シュライカー大阪とペスカドーラ町田が対戦した。前日の試合は3-2で町田が競り勝ち、この第2戦で勝利すればリーグチャンピオンになれる権利を得た。一方、リーグ戦1位だった大阪も、引き分け以上の結果でタイトル獲得が決まる状態で決戦を迎えた。

 

序盤から両チームともにテンションが高い一戦の展開は、前日とは正反対になる。前半5分、FP仁井貴仁がゴール前に速いボールを入れると、これをFP永井義文がゴールに流し込み、大阪が1点を先行する。さらに7分にはFPチアゴが右サイドでFP室田祐希をかわしてシュートを決めて、リードを2点差に広げた。

 

町田は7分にタイムアウトを取り、落ち着かせる。前日の試合で負傷していたFP森岡薫もピッチに立ち、反撃のムードを高めていった。前半10分にはDFと競り合いながらFP金山友紀がゴールネットを揺らしたが、直前のプレーでファウルを取られて、得点は認められない。

 

大阪もチャンスをつくり、森岡のシュートをブロックした跳ね返りからの速攻でアルトゥールがシュートしたが、枠の右へ逸れて行った。14分にはFPヴィニシウスとFP田村友貴のパス交換から、最後はヴィニシウスがシュートをするが、これも右に逸れて行った。

 

序盤から両チームが激しく球際でぶつかり合ったこともあり、大阪は前半11分を残して5ファウル、町田も4分半を残して5ファウルとなっていた。そして前半終了間際には、両チームが第2PKのチャンスを1回ずつ得る。大阪のヴィニシウスのシュートがGKイゴールに阻まれたのに対し、町田は森岡がゴールネットを揺らして、1点差に詰めよる。こうして前半は2-1で大阪が1点のリードを保って終了した。

 

優勝するためには、2点が必要な町田は後半の立ち上がりから仕掛けていく。Fリーグ初代得点王のFP横江怜を中心に、シュートを放って行くがゴールに決まらない。しかし、大阪はGK柿原が負傷して、肩を気にする。大阪はベンチにGKを入れていないため、柿原が負傷となるとGK抜きで戦わなければならなくなる。

 

後半3分にはFP篠崎隆樹のCKがオウンゴールを誘発し、同点に追いつく。その直後にもカウンターを仕掛け、森岡のパスを受けたFP本田真琉虎洲がシュートしたが、ここはGK柿原にブロックされた。

 

ここからは我慢比べの時間帯となる。後半12分には森岡のシュートをアルトゥールがブロック、同14分には小曽戸のシュートを町田が防ぐなど、互いに譲らない。後半14分には、町田が速攻を仕掛け、室田からFP森谷優太、本田とつなぎ決定機をつくったが、シュートを枠に飛ばせなかった。

 

残り2分半から町田はGK篠崎をゴレイロにしてパワープレーを仕掛ける。しかし、得点を奪えない。試合終了間際にはチアゴにボールを奪われると、止めきれずに無人のゴールにシュートを決められた。このパワープレー返しが決勝点となり、大阪が3-2で勝利。10年目のFリーグの王者に輝いた。