Fリーグ

【Fリーグ】大阪を相手に前半のリードを守り切った町田、プレーオフ3連勝でF初制覇に王手!

[3.3 Fリーグプレーオフ・ファイナル 大阪 2-3 町田 岸和田]

 

Fリーグは3日、プレーオフ・ファイナルを行い、リーグ1位のシュライカー大阪とプレーオフを勝ち上がってきたペスカドーラ町田が対戦した。

 

立ち上がり早々、町田にアクシデントが起こる。先発出場したFP森岡薫が負傷してベンチに戻っていった。結局、その後、森岡はピッチに戻ることができなかった。重要な得点源を負傷で欠いた町田だったが、プレーオフを勝ち進んできた勢いそのままに、試合の主導権を握り続ける。FP篠崎隆樹のミドルシュートを皮切りに、FP原辰介のパスを受けたFP森谷優太のシュート、森谷からのパスを受けたFP横江怜のシュートと大阪ゴールを脅かして行く。

 

なかなか攻め手のなかった大阪も、5分には自陣からロングボールを最前線のFPヴィニシウスに通す。2シーズン連続でリーグ得点王となったヴィニシウスがゴールを狙ったが、GKイゴールに阻まれる。

 

先に試合を動かしたのは、試合を優勢に進めていた町田だった。前半9分に室田からのパスを受けたFP本田眞琉虎洲がゴール正面からシュートを決めて、1点をリードする。低調なパフォーマンスの続く大阪は、11分にタイムアウトを取るものの試合の流れは変わらない。12分、町田は得意のパス回しから大阪の守備を崩し、滝田からのパスを受け、守備の裏を取った本田が、この試合2点目となるゴールを決めた。さらに町田は前半14分にもFP室田祐希がFP佐藤亮からボールを奪い返し、速攻から追加点を挙げて、前半を3点リードで折り返した。

 

後半に入ると試合展開は一変する。前半には見られなかった積極性が出始め、町田ハーフで試合を進めていく。後半5分には高い位置でボールを奪い返したFPアルトゥールが、中に行くフェイクを入れてから縦に仕掛けて右足を振り抜く。これがゴール左上に決まり、大阪が1点を返した。さらに大阪は畳みかける。後半8分にはFP仁井貴仁が仕掛けてシュートを放つ。GKイゴールが弾いたボールにFPチアゴが詰めて、こぼれ球をFP田村友貴がゴールに流し込んだ。

 

同点に追いつけば優勝の決まる大阪だが、ここから町田も粘りを見せて得点を許さない。残り3分を切ってから大阪は、FP奥田亘をゴレイロにしてパワープレーを仕掛ける。何度か町田のゴール前までボールを運ぶが、フィニッシュを打ち切れずにタイムアップ。前半のリードを守り切った町田が、3-2で勝利して初のFリーグ制覇に王手をかけた。

関連記事

  1. 【Fリーグ】アジアナンバー1ドリブラーFP仁部屋和弘(11枚)
  2. シュライカー大阪がインドネシア カリマンタン州選抜とトレーニング…
  3. 【Fリーグ】大阪のVメンバーが21歳で現役を引退 FP水上「この…
  4. 【FリーグPO】湘南戦でMVP級の活躍を見せたダニエル・サカイ、…
  5. 【Fリーグ】浦安が中央学院高FP下出、FP空の2017シーズン加…
  6. 【Fリーグ】仙台に逆転勝利の北海道、連敗を3でストップ
  7. 【PH】第32節 エスポラーダ北海道vsヴォスクオーレ仙台(39…
  8. 【PH】33節 府中アスレティックFC vs バサジィ大分(51…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。