海外

【フットサルW杯】アジア王者イランが延長の末にパラグアイを下し、第2回大会以来のベスト4進出!

worldcup logo

ブカラマンガの会場では、パラグアイとイランが対戦。前半13分、パラグアイはフアン・サラスがゴール前に送ったシュート性のパスにフランシスコ・マルチネスが合わせて、ゴールネットを揺らす。イランも16分にエスマエルプールがCKから強烈なシュートをゴール左上隅に決め、試合を振り出しに戻した。

このまま前半を折り返すかと思われた残り27秒、パラグアイはイランゴール前までボールを運ぶと、フアン・サラスがGKともつれながらも、強引にボールをゴールに押し込み、追加点を挙げる。このままパラグアイが2-1でリードして前半を終えた。

後半に先手を取ったのはイラン。後半3分、ジャビドが左足でミドルシュートをゴール左上隅に決め、2-2とする。さらにイランは残り5分を切ったところで、タバコリが高い位置でボールを奪い、ゴールに迫ろうとする。ここでパラグアイのガブリエル・アヤラがタバコリを引っ張って止めると、審判はレッドカードを提示した。数的優位を得たイランは、30秒以内に3人のパラグアイを攻略。ジャビドがこの試合2点目となるゴールを決め、3-2と初めてリードを奪った。

数的同数に戻ると、パラグアイはパワープレーを開始する。イラン陣内でボールを回すと、サングスフィディのハンドを誘発。これで得たFKをGKユニフォームに身を包んだビジャルバが直接ゴールに決め、残り1分20秒でパラグアイが追いついた。

試合はこのまま延長戦に突入する。そして延長後半も終わる直前、イランはパラグアイのハーフでボールを奪うと、ジャビドが左足で強烈なシュートを放つ。これはGKヒメネスに阻まれたが、こぼれ球をエスマエルプールが押し込んだ。この得点が決勝点となり、イランが4-3でパラグアイを破り、悲願の4強進出を果たしている。

関連記事

  1. 【Fリーグ】名古屋のドバイ遠征が中止に 名古屋サテライトはタイで…
  2. 【クラブアジア選手権2017】チョンブリ戦後FP田村友貴選手のコ…
  3. 【AFCクラブ選手権2018】名古屋はパワープレー返しを決められ…
  4. 欧州選手権グループリーグ総括 イタリア敗退、スペイン、ロシアが苦…
  5. 【アジア】フットサルベトナム代表、アジア選手権直前合宿を日本で実…
  6. 【Fリーグ】若返りをはかる浦安が00年W杯優勝の元スペイン代表ア…
  7. 浦安から渡西の深津孝祐、所属クラブがスペイン1部サラゴサに決定
  8. 【ビバ!! フットボール・サラ】第6回 第14節バルサを破り、イ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。