Fリーグ

【FリーグPO】初戦を逆転勝利した名古屋 ペドロ・コスタ監督「明日は、今日以上にタフなゲームになる」

[1.20 FリーグPO決勝第1戦 名古屋 4-2 町田 駒沢屋内]
Fリーグは20日、2017/2018シーズンのプレーオフ・ファイナル第1戦を駒沢オリンピック総合運動場屋内球技場で行い、レギュラーシーズン1位の名古屋オーシャンズと同2位でプレーオフ1回戦、準決勝を勝ち上がったペスカドーラ町田が対戦した。試合は4-2で名古屋が勝利。2年ぶりの優勝に王手をかけた。試合後、ペドロ・コスタ監督は「明日は、今日以上にタフなゲームになるでしょう」と、町田に対する警戒心を強めた。

●ペドロ・コスタ監督のコメント
ペドロ・コスタ まず私の選手たちを称えたいと思います。彼らは戦う精神を見せてくれました。サムライです。しかし、まだここでは終わっていません。決勝にふさわしいゲームを提供できたと思いますが、私たちはここで私たちはここで気を緩めてはいけません。明日は、今日以上にタフなゲームになるでしょう。

今日の試合は、前半からプレッシャーを与えることができ、私たちのペースで進んで行ったと思います。その中で町田の狙い、攻撃の狙いどころを封じることができた前半でした。ちゃんとストロングポイントを消しつつゲームができた前半でした。しかし、これがスポーツです。自分たちがうまくいっていると思っていたのに、そのタイミングで失点をしてしまいました。

失点したシーン以外はやるべきことを前半から見せられていたゲーム展開でした。それくらい相手を追い込めていたので、(1点ビハインドで迎えた)ハーフタイムでも何かを修正したというよりも「私たちがやってきたことは間違っていない」と伝えました。後半に入ってペースダウンするのが、一番やってはいけないことだったので、指示というよりも状況を確認して、気持ちをメンテナンスして後半に臨みました。

後半、私たちの展開をつくれた上で、流れも来て良いタイミングで点も入り、完全に後半は主導権を握れました。それでも、ここで終わりではありません。前半から後半に入るところですから、気持ちを緩めてはいけません。今、このタイミングから休み始め、リセットして明日の試合について考えていきたいと思います。

――前半プレーが切れたとき、滝田学選手に何かを伝えていたが何があったのでしょうか? また彼がピッチに戻った際にあざ笑うようにして指さしていたと思いますが?
ペドロ・コスタ まず相手を悪い態度で侮辱しているかのような印象を与えてしまったのであれば、それは私の意図に反していますし、そう見えたのであれば謝罪します。申し訳ありません。熱くなっていたのですが、あの状況で私からはレフェリーに質問をしていました。代表経験もある選手であり、レギュレーションがわかって試合に臨んでいるはずです。いろいろな意図があるのでしょうが、彼はレガースを付けていなかった。いろいろな理由があったのかもしれないが、レギュレーションは守らないといけないのではないかと話したんです。「レフェリー、これはどうなんですか?」と話していたところに、相手も入ってきたので場が熱くなり、ああいう形になりました。選手も理解してくれたと思います。私も彼がなぜレガースを付けなかったのかは理解していませんでしたが、どんな理由があっても付けなければいけないはずです。決勝という舞台ですから、レフェリーにもシビアに見てほしかった。国際大会では、どんな理由であったとしても当然、イエローカードが提示されるような状況です。自分たちは、そのことに気づいたのですから、名古屋オーシャンズの監督として、そこは聞くべきところだと思いました。もし、彼がすでにイエローカードを受けていて、その状況になったとしたら……。彼は相手チームのエースでもあります。それでもう一枚イエローカードが出たらもったいないですし、こちらとしては「すねあてをして」ということを伝えたかっただけです。

●星龍太キャプテンのコメント
――今日の試合の感想を聞かせてください。
星 今日のようにファイナルは気持ちの問題だと思います。ベンチに入っていない選手を含めて、相手よりも勝つ気持ちが強かったと思いますし、それが今日の結果に表れていると思います。今日のアドバンテージがあるとはいえ、守りに入ると付け込まれてしまうので、今日の試合を良いふうに忘れて、あらためてファイナルを戦うつもりで試合に臨むことが優勝につながるのかなと思います。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――去年は町田に負けて優勝を逃しました。キャプテンとして、今日の試合に向けて何か意識してきたことは?
星 町田に限らず、今日に向けて気持ちはアプローチしました。個人個人で、モチベーションの上げ方はいろいろあると思いますが、すべて今日のためにというふうにアプローチをしていたので、町田だからというのは、特にありませんでした。もちろん去年苦い思いをさせられたのは町田ですし、リーグ戦で1勝2敗と(負け越して)苦い思いをさせられたのも町田ですが、そこはフラットに考えて、ファイナルということしか考えませんでした。

関連記事

  1. 【PH】第32節 フウガドールすみだvsバルドラール浦安(30枚…
  2. 【Fリーグ】湘南がFP鍛代元気の2試合連続ゴールでF選抜を破り、…
  3. 【Fリーグ】選手の放出も前向きに捉える府中の谷本監督「常に今チー…
  4. 【Fリーグ】大阪がFP計盛良太のF初ゴールなどで仙台に6-2の快…
  5. 【Fリーグ】町田アスピランチ、関東リーグ昇格の立役者FP後呂康人…
  6. 【Fリーグ】浦安がラスト15秒で同点に追いつき、連敗をストップ!…
  7. 【Fリーグ】浦安が17日と25日にトレーニングマッチを開催
  8. 【Fリーグ】湘南の課題を指摘するGKフィウーザ 「ディフェンスの…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。