Fリーグ

【オーシャン杯】大阪を圧倒した前半に胸を張る ペドロ・コスタ監督「私の理想に近いフットサルができた」

[6.3 オーシャン杯2018決勝 名古屋 3-0 大阪 立川立飛]
名古屋オーシャンズは3日のオーシャンカップ決勝でシュライカー大阪に3-0で勝利した。大会連覇を目指す名古屋は、前半から大阪を圧倒してほとんどチャンスをつくらせなかった。その内容には、百戦錬磨のペドロ・コスタ監督も「理想に近いフットサルができた」と胸を張った。

以下、シュライカー大阪戦後のペドロ・コスタ監督のコメント
――今日の試合を振り返ってください。
ペドロ まず、私は幸せだと伝えたいです。良いメンバーで、良い選手たちと、そして恵まれた環境でやらせてもらっているため、この結果を残すのは簡単に見えるかもしれません。しかし、この環境の中であっても、そこには努力があり、懸けた時間があります。そこにちょっと咲いた花というのが、この結果だと思います。試合に勝てたのも、選手たちがいろいろなものに打ち勝ったことで、今回の優勝という形があったと思います。この大会に向けて、いろいろなプランを描いても、ケガがあったりします。さまざまな物事が起きていくなかで、あらためて勝つことは簡単ではないと感じました。だからこそ、この優勝をしっかり味わいたいです。

試合については、前半は非常に強度の高いフットサルができました。それこそ私が監督に就任してから理想に近いフットサルができたのではないかと思います。守備ではプレッシングをしっかりかけて、相手の良いプレー、良さを消すこともできました。攻撃では多くのチャンスをつくっていましたし、あとはそこでのフィニッシュだと思います。ただ、チャンスをつくる部分では非常に良かったです。

その前半で(試合を)決めきれなかったことは、ゲームのポイントだったと思います。最後、苦しい展開になり、目の前にはクオリティの高い大阪がいました。決めるところで決められなかったことで、最後まで1-0という時間帯が続いてしまいました。後半にもチャンスはあったのですが、相手もゲームの中で私たちにアジャストしてきたことで、彼らの流れというのをゲームでつくっていました。点差が開かなかったことで、余裕のない状況でしたし、相手にも「まだいけるぞ」と考えられる状況を私たちでつくってしまいました。それでも我慢強く、最後まで失点しないで試合を進められたことは、後半の良かったところだと思います。

後半は課題の残った部分もある試合でしたが、本当に耐えきりましたし、結果を残せたことが一番大事だと思います。耐えきった結果、相手は無理をしないといけない状況になり、2点目、3点目を挙げることができました。何より勝てて良かったです。

――4試合でGKが2試合ずつプレーしました。今日、篠田選手を起用した理由と評価を聞かせてください。
ペドロ まず今日の篠田のパフォーマンスについてですが、本当にしっかりと役割を果たしてくれました。1点も決めさせませんでしたし、ゴールも許さなかったGKの役割、さらにミスが起きたときのカバーリングを非常に高い集中力でこなしてくれました。これ以上は求められないのではないでしょうか。本当にポジティブな点しかないくらい、良かったと思います。

GKの起用については、現段階で非常に高いレベルのGKが2人います。高いレベルのGKがいますし、2人への信頼感は厚いので、対戦相手を見てGKを選べます。それが今大会での選手起用にもなりました。私の考えるポイントでは、今日の試合は篠田がいいかなと思いましたし、関口を選んでもしっかりと役割を果たしてくれると思います。

――吉川選手の出場時間が長かったが、彼への期待と要求は?
ペドロ 吉川は、俊敏性や体力、回復の早さといったフィジカルの部分は非常に優れている選手なので、そこに対する評価は高いです。アラのポジションに適したフィジカルを持った選手ですし、長く引っ張れる選手です。また期待が高い中でも、それに応えてくれる選手でもあります。集中力でもなんでも、フィジカルを持った選手はなかなかいません。すべてを高いレベルで長く保てる選手なので、起用する時間も長くなります。

チームの中でも一人ひとりに役割、特長があります。吉川に関して、私は有利に使っていくべきだと思います。例えば、うちのキャプテン(星龍太)は非常にパワーがあります。しかし、パワーのある選手だから、相手と接触するプレーも求めます。強い相手とのマッチアップというのは、非常に体力を消耗します。ですから、起用方法は変わってきますし、一人ひとりの特徴をできるだけ生かせるようにと考えています。また、技術・戦術の理解度も高い選手なので、監督としては使いやすいです。

関連記事

  1. 【Fリーグ】府中が来季からのホームタウン、アリーナ、呼称・略称の…
  2. 【Fリーグ】オーシャン杯で負傷の名古屋FP西谷良介は全治1カ月で…
  3. 【Fリーグ】最下位に沈んだ大分の転換期となるか サテライト、U-…
  4. 【オーシャン杯】FP新井裕生が先制弾と決勝弾! Fリーグ選抜がY…
  5. 【Fリーグ】決勝ゴールで3連勝を呼んだ浦安FP荒牧「勝負所で力が…
  6. 【Fリーグ】トップ昇格直後のFP春木啓佑が躍動! すみだがFリー…
  7. 【Fリーグ】F初ゴールの大阪FP計盛良太「ノブさんの位置を奪える…
  8. 【Fリーグ】初先発FP齋藤日向のF初ゴールに、帰化発表のヴィニシ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。