Fリーグ

【F1】今季F初黒星の名古屋 ペドロ・コスタ監督「最終的にゴールにボールを入れなければ、今日のように負けてしまう」

[2.23 F1プレーオフ決勝 名古屋 2-3 大阪 オーシャン]
Fリーグ・ディビジョン1は23日、プレーオフ決勝を行い、レギュラーシーズン1位の名古屋オーシャンズとプレーオフ準決勝を勝ち上がったシュライカー大阪が対戦した。試合は3-2で大阪が勝利。第1戦を制した大阪は、明日の第2戦、大阪は引き分け以上で2シーズンぶりの優勝となる。
今季、無敗だった名古屋だが、プレーオフ決勝の初戦で2-3の敗戦を喫した。しかし、ペドロ・コスタ監督は「終わり方が悪くなかった」と言い、第2戦での逆転に自信を見せた。

以下、試合後の名古屋のペドロ・コスタ監督のコメント
――試合の総括をお願いします。
ペドロ ミナサン、コンバンワ。まずフットサルの試合としては、素晴らしい試合でした。まさに決勝という試合でした。強度、アグレッシブさ、コンタクトの激しさ、選手同士のぶつかり合い。そして、レフェリーも今日は文句ないジャッジ、はっきりしてくれたジャッジをしてくれました。

ゲーム戦略に関しては、私たちはアグレッシブに行って、先手を取るという戦い方をしていました。対する大阪は、逆に私たちのミスを探り、カウンター狙いでした。そういう2つの違う展開を狙ったチームによるゲームでした。

彼らが先制したことで、より守備を固めて、カウンター狙いという戦い方を優位にさせてしまいました。そのなかでうちの選手たちは、強い精神力で最後まで戦いました。それはすごくプラスに考えていますし、明日につながると思います。うまくいかないとき、相手より下回っているとはいえないのですが、うまくいかなかった状況でも、テンションを高く、冷静に戦えたゲームでした。
まだ、このゲームのデータは持っていませんが、イメージではうちのほうが良かったと思います。先手を打って、主導権を握っていた印象です。ただ逆に言えば、違う戦略を持った大阪が成功したゲームになりました。フットサルは、最終的にゴールにボールを入れる競技です。それができなければ、今日のように負けてしまう。そういう面では彼らは、ほぼ完ぺきなゲームができて、私たちは最終的なところでチャンスをものにできず、プラン通りにいきませんでした。
ただ、すべての状況を考えて、内容は悪くなかった。今日、良くなかった点を、この短い時間で見直したい。メインはフィニッシュのところになりますが、もう少し力を抜いて、ゴール前に人数を増やし、そこでのチャンスをより大きくすることが大切だと思います。レギュレーションを考えると、私たちは今、不利な状況です。しかし、明日の試合は勝てばいい。普通のゲームを1試合やれればいい。そういう状況なので、何もチームとしてプレッシャーに感じたり、気持ちで焦ったりする必要はないと思います。
――無敗が長く続いているなかで、敗戦をどう受け止めている? また、1週間、試合がなかったことで難しかった?
ペドロ 両チームとも違う状況での決勝でした。大阪は先週も試合があり、試合勘がある状態でした。私たちに影響はありませんでした。全員が決勝にフォーカスできていたイメージでした。決勝にはいろいろな要素があります。大阪が先週試合をしていたことだけに影響があるとは思いません。私たちの終わり方が悪くなかったことが、明日の試合につながると思いますし、ロッカールームに戻って、「今から試合をやるか!」と言ったら、すぐに全員から「やる!」という答えが返ってくるような状況でした。

以下、試合後の星龍太選手のコメント。
――試合の総括をお願いします。
星龍太 カウンターを狙ってくるチームにあれだけチャンスをつくって決められなければ難しくなるのは、どの試合もそう。それでもチャンスを多く作り、相手に先制されても耐えられたというか、崩れなかったのは、僕たちが今シーズン、積み重ねたものが出たと思います。今までなら、もっと前掛になり、裏を取られたと思う。監督の言う通り、2試合を通しての勝利、優勝を目指しているので、やることは明日も変わらず続けていけば、僕たちの求める結果が出せるのではないかと思います。
――今季最初の負けだが、1週間、試合がなかったことで難しかった?
星龍 初めての負けと言われましたが、パワープレーをしなかったのは1試合と考えていないからです。そこに対して、みんな気持ちは一緒ですし、そこに対してマイナスな面もない。「やってやろう」という気持ちだと思うので、気にしていないというか、次やるしかないという気持ちになっていると思う。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

試合勘については、もしかして大阪よりはないかもしれないけど、後半に大阪が落ちたのは、2試合戦った疲れがあった。僕たちにもメリットはある。それが明日はもっと顕著に出てくると思う。どちらかというと、体力的に見ても、もっと明日はよく戦えるのではないかと思います。

関連記事

  1. 【Fリーグ】浜松が期限付き移籍のFP三井健の退団を発表 「この半…
  2. 【F1】FP新田駿の初出場初ゴールなどで、名古屋が湘南を6-2と…
  3. 【Zama~Miro!】幸運か? 不運か? 戦略の勝利(スペイン…
  4. 【クラブアジア選手権2017】チョンブリ戦後FP芝野創太選手のコ…
  5. 【Fリーグ】仙台戦で負傷の浜松FP大野が今季中の復帰を目指して手…
  6. 【Fリーグ】引退発表の小宮山友祐へ レジェンドからのメッセージ …
  7. 【Fリーグ】まさかのドローにも前を向く名古屋FP星龍太「初心に立…
  8. 【Fリーグ】U-20日本代表FP山田慈英が神戸を退団「素晴らしい…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。