全日本選手権

【選手権】現役引退という決断を下した名古屋FP酒井ラファエル良男「以前できていたプレーができなくなったと感じていた」

[3.10 第24回全日本選手権決勝 名古屋 6-0 立川・府中 駒沢屋内]
全盛期ほどのパワーはないかもしれない。それでも、まだピッチに立ち続ける力はあるのではないか。第24回全日本フットサル選手権の決勝戦、準決勝と「絶対王者」名古屋オーシャンズの先発メンバーに名を連ねた元日本代表FP酒井ラファエル良男のプレーは、そう思わせるものだった。

しかし、決勝後の会見で酒井は現役引退を表明した。引退を決断した最大の理由は何だったのか。フットサルという競技を愛し、名古屋にプロ精神を植え付けた4番に、その理由を聞いた。

以下、決勝後のFP酒井ラファエル良男のコメント
――現役引退という決断は意外でした。まだプレーできそうなのに、なぜ引退という決断をしたのですか?
酒井 もう体がボロボロの状態なんです。ヒザも、足首も、痛みがないところがほとんどありません。それもあって、以前にできていたプレーができなくなっていることも感じていますし、それが辛い。この形で現役を続けるよりは、ここで引退するのがいいと判断しました。

――名古屋での10年というのは、どのような時間でしたか?
酒井 素晴らしかったですし、ここまで長く在籍するとは思っていなかったですし、ここまで多くのタイトルを獲れるとも思っていなかったです。とにかく素晴らしい日々でした。

――最も印象に残っていることは?
酒井 日本の事ですか? 一番は、日本という国が安全で住みやすいことです。

――チームの話にしましょう(笑)。フットサルについて。
酒井 でも、チームも同じですよ(笑)。似た感じになりますが、プレーだけに集中できる環境を完璧に与えてくれたクラブです。私だけではなく、家族も何一つ不満もなく過ごすことができましたし、文句の言いようがありません。

――吉川智貴選手も涙をしていましたが、みんなに愛される存在でしたね。
酒井 嬉しいですね。できるだけ、今までいた人たちと正直に接していたので、それが良かったのだと思います。

――将来は未定とのことでしたが、今後も名古屋とのつながりは続いていくのですか?
酒井 今の段階では、オーシャンズとは関係のないところで活動する予定です。ただ、今後の話し合いで変わるかもしれません。

――日本には戻ってくるんですよね。
酒井 はい。日本に戻ります。

――監督をやってみたいと考えている?
酒井 今の段階では、監督になることは考えていません。でも、将来のことはわかりません。今はその予定はありませんが、今後、違う活動をしていくなかで、そういうモチベーションが上がってくればやるかもしれません。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――またどこかで会いましょう。大好きなビールを、思いっきり飲んでください(笑)。
酒井 ありがとう! まさに早くビールを飲みたいって言いたかったんだ(笑)。

関連記事

  1. 【Fリーグ】名古屋がすみだを破って開幕7連勝! FP清水和也は墨…
  2. 【PH】AFCクラブ選手権2018 名古屋オーシャンズ 4-0 …
  3. 【Fリーグ】パワープレーから決勝ゴールを挙げた府中FP柴田(6枚…
  4. 【Fリーグ】6戦無敗にも不満の府中 FP皆本「勝てる試合、勝たな…
  5. なぜ立川・府中は、クラウドファンディングでマスコットをつくるのか…
  6. 【AFCクラブ選手権2018】名古屋のアジア制覇を阻んだタイ・ソ…
  7. 【PH】33節 府中アスレティックFC vs バサジィ大分(51…
  8. 【Fリーグ】府中がFP永島俊とFP水田貴明の退団を発表 永島「あ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。