すみだFP太見寿人が『卒業』を発表 「後悔や未練なくフウガを卒業することが出来ます」

taku0942-1500x1125フウガドールすみだは、FP太見寿人が今季限りで同クラブを卒業することを発表した。今季は多くの選手が引退を表明しているが、Fリーグからまた一人、名選手がいなくなることになりそうだ。

クラブを通じて太見は、「今季をもちましてフウガを卒業することに決めました」と発表。自身をチームに誘ったすみだOBの木村幸司や須賀雄大監督、金川武司コーチ、ファン・サポーターらに感謝の言葉を送り、「みんなを笑顔にしたいという想いでフットサルをしていました」としている。

そして、「フウガとして一生懸命ボールを追いかけてきた16年、たくさんの素敵な経験をしました。もちろん辛い時期もありましたが、振り返ってみると、辛い思いよりも、楽しかった思い出が浮かんできます。だから、僕は後悔や未練なくフウガを卒業することが出来ます」と、自身の決断が固いことを示した。

その一方で「今後、ボールを蹴らないということはありませんし、ボールを通して、今後も素敵な出会いをしていきたいと思います」と、今後もフットサルを続けていく意向を明らかにしており、すみだの一員として戦う最後の期間に向けて「残り3か月、全力でフットサルと向き合っていきたいと思います」と、意気込みを語った。

卒業発表後、最初の公式戦となった府中戦では決勝点を記録し、チームを4-2の勝利に導いた。デビュー当時、フットサル界に衝撃を与えたフィジカルモンスターのラストダンスから、目が離せない。

taku3862-1500x1125