Fリーグ

【F1】ファイナルに向けて第2戦はチアゴ多用で、未渚実温存? 比嘉リカルド監督「優勝を狙えるようにコントロールしながら戦う」

[2.16 F1PO準決勝第1戦 大阪 11-4 立川・府中 駒沢屋内]
圧倒的な点差を付けた。シュライカー大阪は16日に行われたプレーオフ準決勝第1戦の立川・府中アスレティックFC戦に11-4で勝利し、プレーオフ決勝進出に大きく近づいた。

比嘉リカルド監督は「明日の試合は、そこに勝つことだけではなく、優勝を狙えるようにコントロールしながら戦うことが大事」と、話をしている。

この試合には、チームのエースでもあるFPチアゴが復帰した。負傷により長期離脱を強いられていたブラジル人ストライカーは、コンディションを上げるためにも、第2戦では出場時間を延ばすかもしれない。

また、この試合でイエローをもらったFP加藤未渚実は、第2戦でもイエローをもらえば出場停止となる。おそらく比嘉監督は、第2戦でよほど追い詰められない限り、加藤をピッチに立たせないだろう。それも考えて第1戦の途中から、レフティのFP今井翔を起用していたはずだ。

以下、試合後の大阪 比嘉リカルド監督のコメント
――試合の総括をお願いします。
比嘉リカルド 立ち上がりに相手の攻撃を自分たちの守備がつかめず、斜めのボールを入れられました。危ない場面もありましたが、5分くらいから守備がそろい、カウンターが狙えるようになりました。前半は、そのまま進みました。後半も攻め続けて、たくさん点を取り、相手のパワープレーも守ることができて、良い結果、良い点差で終われてよかったです。

――久しぶりに出場したチアゴ選手の状態は?
比嘉リカルド ケガをしている時間が長かったです。プレーオフに上がれるか、上がれないか分からない状態でしたが、リーグ戦に出場させてもプレーオフにいなければ意味がありませんよね。それで温存していました。今回も負けたら次はないという難しいところでしたが、チアゴが出られる状態であれば使いたいとトレーナーに話をして、先生の治療の下、良いタイミングで間に合ったからよかったと思います。フィジカル的にはもう少しですし、一気に上げるのは難しいのですが、明日の試合は、そこに勝つことだけではなく、優勝を狙えるようにコントロールしながら戦うことが大事だと思っています。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

以下、小曽戸允哉選手のコメント
――今日の試合を振り返ってください。
小曽戸 点差は離れましたが、まだ前半が終わっただけだと思いますので、しっかり明日に向けて準備して、明日、もう40分しっかり戦いたいと思います。

関連記事

  1. 【選手権】2年連続3冠に王手をかけた名古屋 ペドロ・コスタ監督「…
  2. 【Fリーグ】府中がFP柴田祐輔の退団を発表 「自分の力不足も感じ…
  3. 【Fリーグ】町田がFP本田真琉虎洲の退団を発表 「僕の町田での人…
  4. 【Fリーグ】F2へ降格の神戸 FP稲田瑞穂、FP岡崎チアゴら11…
  5. 【Fリーグ】浜松がトップ・サテライト合同のセレクションを開催
  6. 【F1】湘南が横澤直樹アナリストプレーヤーの退任を発表
  7. 【Fリーグ】FP熊谷貫太郎がデビュー&初ゴール、FP清水誠也も今…
  8. 【Fリーグ】アルトゥールに決められた一撃を振り返る町田GKイゴー…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。