Fリーグ

【F1】決勝の初戦で勝利の大阪 比嘉リカルド監督「大事なのは良い試合をすることではなく、勝つこと」

[2.23 F1プレーオフ決勝 名古屋 2-3 大阪 オーシャン]
Fリーグ・ディビジョン1は23日、プレーオフ決勝を行い、レギュラーシーズン1位の名古屋オーシャンズとプレーオフ準決勝を勝ち上がったシュライカー大阪が対戦した。試合は3-2で大阪が勝利。第1戦を制した大阪は、明日の第2戦、大阪は引き分け以上で2シーズンぶりの優勝となる。

以下、試合後の大阪 比嘉リカルド監督のコメント
――今日の試合の総括をお願いします。
比嘉 タフな試合になりました。リードをしてからディフェンスする時間が長くなり、本当につらかったです。それでも乗り切って得た今日の勝利は、すごく大事だと思います。このファイナルの試合に向けて大事なのは、良い試合をすることではなく勝つことです。明日の試合、もう少し戦えるように考えないといけない。今日、勝ち切ったのは選手が頑張ってくれた。本当に大きな感謝を送りたいです。
――アルトゥール選手の状態は?
比嘉 筋肉が引っ張った感じでした。明日はプレーできるか、できないかわかりませんが、今日は厳しいということでした。明日のために休ませたわけではありません。
――前半はゾーン気味に守っていたが、後半はほぼマンツーマンになっていた。それで耐え切れた要因は?
比嘉 前半はポジショニング取ったところをゾーンで守ることはできました。不安になって、飛ばされて打たれたところもありました。1対1の時、1対1になったら、2人目のサポートでブロックされる。どこまでがブロックか、引っ張っているのか、審判に見てもらいたいところもありましたが、そこに対して自分たちも準備しないといけません。後半はやり方がはっきりできて良かったです。
――アルトゥールがいなくなり、相井選手を後ろにしていたが?
比嘉 そうですね。宇田川もフィクソですが、まだ経験は少ない。相井選手にフィクソに入ってくれと、僕から伝えました。彼は、町田戦や名古屋戦でフィクソをしてくれた。神戸在籍時にもフィクソをやっていたという話だった。ピヴォは3人いるので、うまく回していこうと。以前に使ったこともあったし、名古屋はすごいチームです。もちろん守らないといけませんが、同時にもう少しポゼッションをしないといけない。プレスを回避して、相手にも怖いと思わせること。40分を守り切れないと思うし、もう少し攻撃を仕掛けないといけないと思います。
――タイムアウトを残り1分で取ったが、その後にポゼッションできていた。どんな話をしていた?
比嘉 5ファウルもあるので、焦らないように伝えました。5ファウルもたまっているので、気を付けないといけません。落ち着いてやろうと。良いディフェンスして、自陣で奪ってマイボールにしても、また相手に取られた場面もありました。名古屋は取った後に寄せてくる。そのことは意識しないといけない。そういう内容を伝えて、落ち着いて終わろうと話していました。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――今日の試合の感想は?
小曽戸 監督も言っていたように、すごく苦しい試合でした。まだ40分が終わっただけなので、明日の40分に向けていい準備をしていきたいなと思います。

関連記事

  1. 【Fリーグ】名古屋のFP平田マサノリが全治3カ月の負傷
  2. 【Fリーグ】浦安がキャプテンのFP星翔太の退団を発表「自分自身を…
  3. 【PH】シュライカー大阪vsアグレミーナ浜松(42枚)
  4. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号7 FP仁井貴仁(…
  5. 【F2】第9節ハイライト 北九州が2試合ぶり勝利で4位に! 横浜…
  6. 【F1】全33節を終えて14得点、日本代表候補にも選出されたFP…
  7. 【FリーグPO】プレーオフ・ファイナルへ進んだ町田 岡山孝介監督…
  8. 【Fリーグ女子PO】アルコイリス神戸が府中に4発快勝、初代女王に…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。