Fリーグ

【オーシャン杯】2点をリードも、すみだに追いつかれた浦安 アルベルト・リケル監督「選手たちの態度、働きは誇りに思う」

[5.26 オーシャンカップ2018準々決勝 すみだ 2-2 PK3-2 浦安 立川立飛]
バルドラール浦安は26日、オーシャンカップ準々決勝のフウガドールすみだ戦でPK戦の末に敗退した。
試合後の記者会見にアルベルト・リケル監督とFP加藤竜馬が臨んでいる。
以下、フウガドールすみだ戦後の浦安アルベルト・リケル監督のコメント
――試合の感想を聞かせてください。
リケル 前半についてはすごく良く、自分たちがやりたいことができていました。最初の2、3分間は前からプレスをかけることもできていました。コンディション的には選手たちは、昨日の疲労が残っている中でもうまくやってくれました。昨日の試合にいたっても、同じようにやってくれた。その選手たちの態度、働きは誇りに思いますし、満足しています。

昨シーズン、上位だったチーム(すみだ)と引き分けられたこと、それについては完全に満足しています。PKは宝くじのような運の部分もあります。私たちがやることは、トレーニングをしていくことです。

――プレス回避など、今後どのように取り組むか教えてください。
リケル プレス回避や自分たちが動くプレーの中で、いろんなシチュエーションがありますが、いろいろな動きを重ねていきたい。フットサルでは早く動き、しっかりパスをつなぐことが大切です。色々なパスコースを作り、その中でどれを使っていくか。自分がやりたいことを伝える中で、就任してからの時間は短いですが、選手たちはやりたいことを感じ取ってやってくれていると思います。私は選手たちに多くのことを要求するので、彼らは私のことを『面倒だ』と思っているかもしれませんが(笑)、よくやってくれているので満足しています。

――今日も終盤は少ない選手で戦っていました。FP加藤竜馬選手が「後半は体力が落ちた」と話していましたが、それを防ぐためにも戦える選手が増えないといけません。その意味で若い選手たちに期待することは?
リケル 若い選手に対しても、他の選手と考えることは同じです。ただ、若いこともあるので彼らはより早く馴染んでくれるでしょう。私は、いろんなシチュエーションでいろんな動きをするように求めますが、なぜそれをやるかを理解してほしい。あとは気持ちの面ですね。勝ちたい、仕事をしたいということをしっかりと出してほしいと思います。

以下、フウガドールすみだ戦後の浦安FP加藤竜馬選手のコメント
加藤 前半に関しては自分たちのフットサルができました。後半は体力が落ちてきたりしたところがあった。しっかりそれはトレーニングをしないといけない。後半はチャンスも何度かあった中で、決めきることができなかったので、練習からしっかりやっていきたいと思います。

関連記事

  1. 【オーシャン杯】初陣を白星で飾った浦安 アルベルト・リケル監督「…
  2. 【Fリーグ】初のオールスターで先発出場したFP久光(12枚)
  3. 【Fリーグ】大分がFPディドゥダ、FP芝野創太を含む8選手の退団…
  4. 【オーシャン杯】Fリーグ選抜から先制点を奪った立川・府中FP内田…
  5. 【Fリーグ】ミスター・デウソンが移籍を決意 神戸FP原田浩平「次…
  6. 【地域CL】大会開幕、来季よりF2の広島F・DOはランブレッタ福…
  7. 【Fリーグ】すみだの呪縛をわずか2分で解き放ったFP春木啓佑「緊…
  8. 【引退発表】元日本代表FP小野大輔が現役引退を表明「全ての人に感…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。