Fリーグ

【Fリーグ】2ゴールでF選抜を勝利に導いたFPロベルト・カルロス 「人生でも指折りの楽しいひと時だった」

[9.9 F113 F選抜 2-1 仙台 丸善]

Fリーグ・ディビジョン19日、大阪セントラルの3日目を迎え、第3試合ではFリーグ選抜とヴォスクオーレ仙台が対戦した。元サッカーブラジル代表DFロベルト・カルロスの1試合限りの現役復帰で注目を集めた一戦は、そのロベルト・カルロスの2ゴールでF選抜が2-1で勝利している。

高い技術を示し、見事に2ゴールを挙げたロベルト・カルロスは試合後、「世界中でフットサルは重要なものだと捉えられている」と話し、フットサルが日本に浸透してほしいという気持ちを明かした。

以下、仙台戦後のロベルト・カルロス選手のコメント

――試合前の円陣では、どのような話をしていたのですか?
ロベカル 常に勝たなければいけないという義務について話しました。そして、怖がらないということです。フットボールをしながら、楽しまなければいけません。本当にその通りのことが起こったと思っていますし、非常にうれしいです。日本に来ることができたことについて、大きな喜びに包まれています。人生でも指折りの楽しいひと時を過ごさせていただきました。

――キャリアで2本目の右足でのゴールということでしたが、最初の右足でのゴールは覚えていますか?
ロベカル かなり昔のことですね。いつかは覚えていませんが、レアル・マドリー時代にバスコ・ダ・ガマと対戦した試合です。

――今日の2ゴールを振り返ってもらいたいのですが、タッチ数が少ない中でゴールを決めました。
ロベカル そうですね。こういう試合では、試合に慣れている若い選手たちが走り回らなければいけません。試合の分かれ目に自分が入りました。それぞれが役割を果たし、みんなで勝つことができました。当然、毎日彼らと練習して、毎試合出られていれば、もっと簡単な試合運びができると思います。でも、良かったと思います。

――2点目については、走りあがってきたのは「パスが来る」と感じていましたか?
ロベカル 自分が何をすべきかはわかっています。多分ゴールに向かってシュートすれば、決められると思っていました。2枚あがっていたので、パスを出して、FWのような嗅覚を示せました。

――2ゴールには満足していますか? もっと多くの得点を見せたかったですか?
ロベカル ゴールを決められたことよりも、チームメイトと練習が少なかったのであまりプレーできなかったのが残念でした。一緒に練習していたら、もっと出られていたと思います。でも、本当に貴重な経験になりました。

――会場にいた日本のファンの熱は感じましたか?
ロベカル はい。素晴らしかったですね。日本に来るたびに、日本のみなさんに温かくしてもらっています。みなさんに感謝したいと思いますし、近い将来、家族を連れて日本に来たいと思っています。

――それは現役復帰すると捉えていいですか?
ロベカル (苦笑)。まだ、「選手として契約した」という電話は受けていません(笑)。でも、本当にこの場でプレー出来て、本当にうれしいです。センチメンタルな気持ちです。

――日本には在日ブラジル人が17万人いますが、彼らにとってもフットサルは身近な存在ではありません。
ロベカル 今回、日本に来たのはフットサルの普及のためです。世界中でフットサルは重要なものだと捉えられているので、日本でもそうなってほしいと願います。今日を境に、もっとフットサルが広がってほしいと思います。どんどんプレーもしてほしい。「45歳のロベカルがプレーできるなら、誰でもできるじゃないか」と思ってほしいです。

――素晴らしいチームメイトとやりやすかったということでしたが、若い選手たちにどういう未来を感じましたか?
ロベカル 今のレベルをキープしていけば、もっとハイレベルな選手になると思います。『ロベルト・カルロスが来て、今日の試合は勝った!』と満足しないでください。常に勝つことにどん欲にならないといけません。私はこれを、日本のサッカー選手にも送りたいと思います。日本は、常に勝つことを目指さないといけません。

――今日は1試合限定で復帰しましたが、今後はどのようなことをやっていきたいですか?
ロベカル 現場が好きなので、監督業をやりたいです。先ほど、選手としてのオファーがないという話をしましたが、監督になってほしいという電話ももらっていません(笑)。ただ、私は今、レアル・マドリーでワールド・アンバサダーを務めていますが、この仕事ができて幸せです。ただ、数年前まで監督をやっていましたし、また監督になれる日が来ると思っています。

――いつか再び、日本でフットサルをプレーする可能性はありますか?
ロベカル 来たい気持ちはありますが、45歳の選手というのは簡単なことではありません(笑)。心拍数がすぐに上がってしまうので。でも、日本にくることができ手本当に幸せでした。選手として、もしくは監督として、また戻ってきたいと思います。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

関連記事

  1. 【選手権】3位決定戦はFP宮田義人のミドルシュートで府中が神戸に…
  2. 【Fリーグ】日本代表に初招集の北海道FP堀米「積極的に自分のプレ…
  3. 【日本代表】欧州遠征の狙いを語るブルーノ監督「強豪国との対戦によ…
  4. 【Fリーグ】2シーズンぶりにFリーグ出場のFP高溝 「まだこれか…
  5. 【日本代表】福島合宿メンバー発表! Jヴィレッジも使用、福島出身…
  6. 【PHOTO NEWS】Fリーグ第13節 北海道vs大阪 小田原…
  7. 【オーシャン杯】勝ち越し点を奪えなかったことを悔やむ柏FP若林優…
  8. 【Fリーグ】東京ダービー2連勝の町田 岡山孝介監督「強力な相手を…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

人気の投稿とページ

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。