Fリーグ

【選手権】大会MVPに輝いた名古屋FP西谷良介「勝者のメンタリティを若手につなげていくことが使命」

[3.10 第24回全日本選手権決勝 名古屋 6-0 立川・府中 駒沢屋内]
名古屋オーシャンズは10日の立川・府中アスレティックFCとの第24回全日本選手権決勝に6-0で勝利し、大会2連覇を達成した。大会後の表彰式では、日本代表FP西谷良介が大会最優秀選手に選ばれた。
自身のMVP選出は「予想していなかった」という西谷だが、チームの潤滑油として攻守に貢献し、3冠に欠かせない役割を果たした。
名古屋に加入し、2シーズンで6個のタイトルを獲得した西谷は、チームでの役割、チームを去るペドロ・コスタ監督、元日本代表FP酒井ラファエル良男らについて話している。

以下、決勝後のFP西谷良介のコメント
――今日の試合を振り返ってください。
西谷 昨日の大阪戦もそうでしたが、決勝でもボールをしっかり保持しながらゴールに迎えるシーンが多かったです。ファウルのコントロールも含めて、試合全体を通してコントロールできた試合だったと思います。

――ペドロ・コスタ監督の退任が発表になりましたが、前から聞いていました。
西谷 そうですね。ちょっと前から聞いていました。コスタ監督には、僕が移籍を決めたときに熱い言葉をかけてくれましたし、その熱い思いに応えたくて、名古屋オーシャンズにきて、彼のもとでタイトルを獲ることに貢献したいと強く思っていました。彼の下で2年プレーしましたが、少しはタイトル獲得に貢献できたかなと思うので、本当に良かったです。

――なんて言われたんですか?
西谷 「このチームに来て、自分のプレーをやってくれればいい。そして、一緒にタイトルを獲ろう」と、そういう言葉をもらいました。

――「俺の14番をつけてもいいから」と(笑)?
西谷 そうですね(笑)。ちょうど安藤選手が7番を付けることになって、重い14番を付けました(笑)。でも、そこに巻き込まれることなく、自分のプレーを信じてやることに集中できましたし、その集中できる環境を作ってくれたので、2年連続で3冠を獲ることができて良かったです。

――今日のゲームをパーフェクトで終えられたのは、去る人への特別な思いがあったから?
西谷 そうですね。コスタ監督も熱いですし、酒井も誰よりもケアしたり、誰よりも多くトレーニング、リハビリをしている選手なので、そういう部分でも自分を熱くさせてくれました。その2人は心強い存在なので、ともに戦えて、本当に幸せな時間だったなと思いました。

――プレーオフ決勝を制した後、ご自身の発案で円陣をやったという話をしていました。それがこの大会では、当たり前にみられるようになりましたね。
西谷 そうですね。同い年の(星)翔太とも決勝が終わったあとに、自分がフウガにいたときとか、翔太も浦安にいたときと比べると、出場時間は短くなったのですが、ピッチ外でもやれることを見つける。見つけるというか、振る舞いであったり、経験してきたことであったりをやっていると、若手もそれに触発されて、どんどんどんどんポジティブな言葉をかけてくれます。フットサルは何度でも交代ができるので、試合に出ていなくても、試合のテンションに合わせるという意味で、入った時に温度差を感じないように、自然に入れるように若手のテンションをコントロールするのも、俺たちの仕事だなというようなことを話したんです。今日、初めてそういう話をしたのですが、思いは一緒なんだなと。

――星翔太選手も昨日は長く出ていましたが、今日は短かったですね。
西谷 少ない時間で結果を残すのも、一つのアピールです。でも、それにこだわらず、代表でも普通にそういうことは起こるので。そういったところで、勝者のメンタリティを若手につなげていくことが使命だと思いますし、それが形になってきているんじゃないかなと思います。

――2シーズン続けて3冠を獲ることで、西谷選手たちも身に着けた部分もあるのではありませか?
西谷 そうですね。このチームは、結果が見られます。勝敗もそうですが、得点といったところも、契約にかかわります。プロの世界ですが、そこを押し殺してでも、チームのために声をかける。たとえば関口も、誰よりもベンチの前に出て、ずっと声をかけて一緒に戦っていました。そういうのを見ると、試合に出ている自分たちの責任の重さを思い知らせてくれます。熱い仲間、心強い存在、誰か一人でも欠けていたら、この3つのタイトルは獲れていなかったと思います。

――3冠になった大会を、MVPも獲得して終えました。予想していましたか?
西谷 予想はしていないですね(笑)。決勝に関してはゴールも決めていないですし、勝利に貢献したかといえば、そうかな?と思う部分もありますけど……。

――大会を通してのMVPですよね?
西谷 でも、予選からもそんなに得点を決めているわけではないんですけどね。準決勝のゴールも、ルイジーニョからのパスからですし、2ゴール目もほぼほぼルイジーニョのゴールだったので、本当に仲間に獲らせてもらったなと。でも、名誉ある賞をいただいたことは、本当に素直に嬉しいなと思います。今シーズン、自分自身、フィジカルだったり自主的に練習をしたりしていました。そういう時に関口が付き合ってくれたり、シュート練習でもGKが入ってくれたり、スタッフもいろいろなケアをしてくれたり、自分ひとりでは獲れなかった賞なので、本当にチームメイト、スタッフ、支えてくれるみんなに感謝したいです。

――この3日間に向けて、上げた感じですか?
西谷 上げましたね。最後は残って、関口と追い込みました。

――2年間、名古屋にいて胸板も厚くなった感じがします。
西谷 そうですね。自然にこのチームにいればフィジカルベースが上がってきます。年齢も年齢ですが、そこは自分も守りに入るのではなくて、キレとか、筋トレとか、トレーニングに関しては自分を追い越すというか、自分の限界を超えていかないと、どんどん落ちていく一方なので。

――今年に入ってから追い込みをかけた感じですか?
西谷 昨年からですね。それが良い感じに、良いコンディションに出てきたと思います。筋トレの時も、いつまでも同じ重りを持っていても成長しないので、少しずつ自分の限界を超えていくことが成長につながると思うので、そういう部分でも追い込めてやれていると思います。その成果が、このプレーオフと全日本にかけて、キレが上がったなという印象があります。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――特に攻撃面では、感覚的にチャレンジできていると話していましたが、継続できている?
西谷 そうですね。シュート数に関しても、リーグ戦の半ばから終盤にかけてよりも、上がっていると思います。平田からも……僕のほうが先輩なんですが(笑)「おまえは、シュート良いものを持っているのに、なんで打たないんだ」と叱咤激励されたり、斎藤の運び方を研究しました。見本になる選手が、このチームにたくさんいるので、そういう意味でも刺激をいろんな形でもらえたシーズンでした。ちょっと落ち込んだシーズンでもあるのですが、その時間も無駄ではなかったなと。ケガの時もありましたし、自分のプレーを取り戻すのに時間もかかったシーズンですが、自分なりに考えていたんだなと、あらためて感じるシーズンです。 ――吉川選手は、「酒井選手のようなお手本となる選手が抜けることで、試合に出ているベテランがもっと成長しないといけないと、勝利を継続できない」と話していました。
西谷 それは間違いないですね。年齢も33歳で、今年よりやらないと落ちると思っているので、そういう負荷は上げていって、そういう部分でも、酒井のように周りに伝えられる選手にならないといけないと思っています。

第24回全日本フットサル選手権MVP西谷良介(名古屋オーシャンズ)

関連記事

  1. 【Fリーグ】大阪が元日本代表GK冨金原徹の現役引退を発表 「大き…
  2. 【Fリーグ】仙台からフットボール界を刺激するFP荒牧太郎 「毎年…
  3. 【Fリーグ】町田が大阪セントラル2連勝! 北海道は内田洸介がF初…
  4. 【Fリーグ】タイトル奪還を目指す大阪、FPチアゴ3点、FPアルト…
  5. 【Fリーグ】浦安を今季限りで退団のFP小野大輔が選手権への意気込…
  6. 【写真】第22回全日本選手権 府中アスレティックF.C.vs名古…
  7. 【選手権】U19日本代表FP畠山勇気が決勝点! すみだバッファロ…
  8. 【F1】立川・府中が桐蔭横浜大FP堤優太を特別指定選手申請「1日…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。