府中アスレティックFC

【練習試合】立川・府中で4連勝を初体験! チョンブリ戦でも活躍のFP酒井遼太郎「紙一重のプレーが多すぎる」

[7.24 練習試合 立川・府中 4―3 チョンブリ 立川]
立川・府中アスレティックFC24日、AFCフットサルクラブ選手権2018インドネシアに出場するタイ王者のチョンブリ・ブルーウェーブと練習試合を行った。試合は20分ハーフ+10分で行われ、立川・府中が4-3で勝利している。この試合で1得点を挙げ、相手のオウンゴールも誘発したFP酒井遼太郎は、「タイにはいないタイプだったのかな」と、笑顔を見せた。

以下、チョンブリ戦後の立川・府中FP酒井遼太郎選手のコメント
――試合前、おなかを下していると話していたのに、1得点を含む2点に絡む活躍でした。
酒井 たまたま(笑)。今日は自分の調子も良かっただろうし、タイにはいないタイプだったのかなと思いました。

――やりやすかった?
酒井 はい。すごく。え? こんなに簡単に? っていう。警戒されていなかったのは大きかったと思います。Fリーグではもう「11で仕掛けてくるぞ」という空気があるのですが、そこを突破する能力がまだ自分自身にはないと思っています。タイには、それがばれていないというか、そこでちょっと活躍できたと思うので、別段、今日は格段に調子が良かったというわけではありません。

――これまでチョンブリと対戦する機会はなかったと思いますが。
酒井 エスポラーダの時に一度、遠征にいったくらいですね。そのときは、メンバーがそろっていなかったですし、チョンブリは弱かったです。こっちも全然、メンバーがそろっていなかったのですけどね。それでも個人戦術はあのときもすごいなと思っていたのですが、今日も前半は2、3回はがされましたが、一人ひとりのフットサルの理解度、フットサルとしての戦い方はすごくうまいですね。

――組織的な形で、何度か崩されましたね。
酒井 うまいですよね。完全にどんどん引き出されて、裏のスペースを使うっていうことを狙い通りにやられているので。前半の最初は(皆本)晃くんを筆頭に、前からディフェンスして、残ってどんどんハメることもできていました。それを継続的にこっちがやれば、守り方を変えるのは難しいと思うので、それが継続的にできれば、勝てる相手だとは思います。

――ゴールシーンについては、どうですか?
酒井 ありきたりな、オレっぽいゴールでしたね(笑)。たまたまボールが来て、「おお、よし、よし! よいしょ!」っていうゴールですね(笑)。

――折り返しから相手のオウンゴールを誘ったものもありました。
酒井 あれも、本当にたまたま。中で(上村)充哉が呼んでいたので、とにかく中に折り返そうと思っていました。あそこまで走ったのが、自分の持ち味ですね。

――あと少しでラインを割りそうでしたからね。
酒井 はい。エスポのときから、最後まで本当に走りきることだけは、負けないで、少しの可能性でも走り続けてやってきました。自分のメンタル的にも、良くも悪くも、相手が思いつかないことをしてやろうとは、常に思っているので。あのときは良いほうに転がりましたが、悪く転がると…前で相手がここは来ないだろうというタイミングで取りに行こうとすると、簡単にはがされたりします。そこはもう少し自分の中で、抑えるところとリスクかけるところをうまくやっていかないといけないなと、アスレに来て思うようになりました。練習の中でもうまい選手がたくさんいて、そういうのを逃さずにしっかりやってくる選手が多いので、自分がどこまで行くのかを、自分ひとりの動きを考えるようになったのは、ここに来ての収穫です。

――あのオウンゴールの場面でも、もう少しマイナスにボールが飛んでいたら、逆にカウンターを受けていました。その意味では、紙一重でしたね。
酒井 紙一重のプレーが本当に多すぎるので、自分の中でも多すぎると感じています。そこは少し自分の中でも整理しないといけないと思っています。

――良い課題と向き合えていますね。いま、立川・府中は2位ですが?
酒井 全然意識していないです。いま言われて、2位ということは知りました(笑)。

――ええ!? それはまずくないですか?
酒井 知らなかったです。町田よりも上なんですか?

――はい。
酒井 へー。そうなんですね。でも、4連勝したのは人生初です。それは知っています!

――それは知りませんでした(笑)。人生初ですか?
酒井 4連勝して嬉しいということを、今は知っています! 3連勝が私自身、人生で初めてだったんですよ。エスポ時代は2連勝が1回だけで、それ以外は全部、1回勝って引き分けとかだったので。

――プレーオフに行くためには、成績を保ち、名古屋に勝つには上積みも必要ですね。
酒井 名古屋、町田を食っていかないといけないですし、それまでは絶対に落とせません。一昨日まで続いた苦しいゲーム、うちのゲームができない中でも勝っていき、少しでもレベルアップする。晃くんもよく言っていますが、勝ちにはこだわって、チームのやりたいこともやる。勝たないと何も残らないと思うので、勝ち続けたいと思います。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

関連記事

  1. 【アジア選手権】齋藤功一、清水和也のゴールで日本がバーレーンに勝…
  2. 【インタビュー】ヘスス・カンデラス「フットサルを大学スポーツに取…
  3. 【フットサルW杯】大会12日目、タイは打ち合いの末に初出場のアゼ…
  4. 【ビバ!! フットボール・サラ】第5回 第13節インテルがアウェ…
  5. 【Fリーグ】府中がFP小山剛史ら3選手の退団を発表 「心の底から…
  6. 【日本代表】イラン遠征を振り返るブルーノ監督「AFCフットサル選…
  7. 【フットサルW杯】ミゲル・タイがキューバに逆転勝利! ポルトガル…
  8. 【Fリーグ】名古屋はシンビーニャ弾で先制もホームで府中とドロー、…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。