全日本選手権

【Fリーグ】大会MVPに選出された名古屋FP星龍太「うれしさがこみ上げてきました」

[3.11 第23回全日本選手権大会 決勝 名古屋 2-1 大阪 駒沢]
名古屋オーシャンズが3大会ぶり5度目の優勝を果たした第23回全日本フットサル選手権で、大会MVPに輝いたのは、キャプテンのFP星龍太だった。持ち味の守備では対人の強さを随所に発揮し、準決勝の湘南ベルマーレ戦の先制点をはじめ、ゴールにも絡んだ。今大会期間中には、ヒートアップする場面も見られたが、それでもプレー中は冷静に、安定感あるパフォーマンスを披露し続けており、MVPにふさわしい活躍を見せたといえる。
自身のMVP受賞について「僕なの? って思いました」と笑うキャプテンは、誰よりも名古屋の優勝に安堵していたはずだ。

以下、決勝後の星龍太選手の会見でのコメント
――試合の感想を聞かせてください。
星 準々決勝から決勝まで厳しい試合だったのですが、途中から誰と戦っているのかがわからなくなるような試合展開、内容だったというのが、正直な感想です。もちろん勝ち切れたことは大きいですし、ケガ人がいる中の総力戦で、結果として、トロフィーをいただけたことはうれしいのですが、フットサルすべてをもうちょっとレベルアップしていければなと。すべてを含めて、レベルアップして、もっと良い大会に、もっと良いリーグにしていけたらいいなと思います。

――誰と戦っていたか、わからなくなったというのは具体的に?
星 見ていただいたらわかると思うのですが、ジャッジの部分です。はっきり言うと、ジャッジの部分で、対戦相手がいる中で、どちらのチームに対しても不可解なジャッジはあると思います。しかし、試合をやる中で、敵を相手以外につくってしまう。もちろん相手にとっても、名古屋以外に敵をつくってしまうことで、『フットサルの試合を本当にしているのか』という考え方になってしまった状況もあったので。そういう意味で、もっとコミュニケーションをとってやりたいです。人間なので、コミュニケーションをとれると思うので。これからオフの期間もありますし、もっとリーグを良くできると思うんですよね。そういう意味で、こうした発言をさせていただきました。

――新しくフットサルを見に来る人に、どういうところを見てほしいですか?
星 初めて見に来た人に対して、まずは応援や会場の盛り上がりもそうですが、細かな技だったりは入るところかなと思います。一つ、フットサルを知る魅力としてゴールと細かな技術があると思います。こういった堅い試合展開だと、体のぶつかり合いがこんなに激しいんだなとか、こんなに気持ちが入ったプレーをするんだなとか、胸が熱くなるような試合ができれば、見に来たお客さんも前のめりになると思うんです。そういった試合ができれば、もっと技術だけではない層のお客さんがつかめるかなと思います。

――星選手が個人賞を受賞するのは珍しいかなと思うのですが、受け取った感想を聞かせてください。
星 率直に『僕なの?』って、まず思いました。その後に受け取って、本当にうれしさがこみあげてきました。こういう個人賞は、攻撃的なポジションの選手が受けることがほとんどで、なかなか守備の選手、GKの選手が受けることはあるのですが、フィクソの選手が受けることはなかなかないので。そういったところが評価されたのはうれしいです。

――今大会では、どのような役割を意識して臨んでいましたか?
星 こういう短いスパンの大会は、フィジカルコンディションが難しく、こういった試合になることはわかっていました。簡単に言えば、1対1をやらせないとか、デイフェンスの部分を丁寧にと考えていました。その中で点を取れたり、アシストできたことは、プラスの容量でできたので、良かったと思います。ちょっと熱くなった部分は多かったのですが、それ以外の部分は割りかし冷静にできたと思います。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――タイトル奪取を目指したシーズンで、3冠を取れたことについては?
星 どうしても僕は、昨シーズンから振り返ってしまいます。昨シーズンの想いが強かったので。そこから2年と考えると、ようやくAFCを含めて全部のタイトルを獲れたのかなと、ほっとしています。もちろんそれは僕だけの力ではなくて、今日メンバーに入った人以外も、Fリーグを戦ってきたメンバーもいます。スタッフ、サポーター、すべてを含めて、一丸となれて戦えたことが本当に大きかったと思います。特に今日に関しては、ケガ人が2人出て、本当に少ない人数の中で、みんなが気持ちを出して自信を持って戦えたことが、この結果を引き寄せたのかなと思います。

スライドショーには JavaScript が必要です。

関連記事

  1. 【Fリーグ】プレーオフ・ファイナル進出の町田 岡山監督「大阪は今…
  2. 【選手権】名古屋サテライトが逆転でヴァクサ高槻とのグループ最終戦…
  3. 【選手権】前半でラファがハットトリックの名古屋、湘南を破って2大…
  4. 【PH】第23回全日本選手権 バサジィ大分 vs ミカロ仙台(5…
  5. 【Fリーグ】名古屋がホーム最終戦に勝利しリーグ1位確定に王手、浦…
  6. 【写真】第22回全日本選手権 府中アスレティックF.C.vs名古…
  7. 【Fリーグ】後半にF選抜を振り切った名古屋が勝利! 今季全クラブ…
  8. 【選手権】ハットトリックの北海道FP酒井遼太郎「相当、負けず嫌い…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • taku.kawai
    • 2018年 3月 15日

    MVPの発表があると聞いた瞬間、「誰だ?」と思いましたが、「星龍太選手!」と発表された瞬間「異議なーし!」と思いました(笑)。
    「狂犬」の異名を持つ兄とは違って、冷静なのかなと思っていましたが、今大会ではかなり熱くなり、戦う姿が見られました。
    スマートな選手が増えてきて、昔ながらの熱い、戦うフィクソが減ってきた中で、守りから魅せられる選手として、さらなる飛躍を期待します。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。