フットサル日本代表

【日本代表】追加招集で攻撃的な能力を示したFP星龍太 「『僕もまだできるぞ』っていうアピールはできた」

[5.16 練習試合 日本 5-1 浜松 エコパアリーナ]
トレーニングキャンプを3日に渡って見た人、数人に話を聞いたが、彼らが口をそろえたのが、FP星龍太の印象の良さだ。FP皆本晃の負傷により、追加で招集された星は、おそらくブルーノ・ガルシア監督にも良い印象を残せた選手の一人だろう。

星龍太といえば、どうしても守備的な選手というイメージが強い。昨季のプレーオフ・ファイナルでペスカドーラ町田のFP森岡薫とマッチアップしていた姿は記憶に新しいはずだ。名古屋では相手のエースを封じこめる守備の要として起用される。おそらく今合宿で、星の印象が良かった理由は、その守備の強度を保ちつつも、攻撃面でも存在感を示せていたからだ。

その意味では、今後の代表定着につながる大きな一歩をこの合宿で示せたと言える。本当の大舞台で戦えるフィクソの枚数が決して多くはない日本にとって、この男が前向きに代表活動に取り組んでいることは、今後、大きなメリットになるかもしれない。
以下、浜松戦後の星龍太選手のコメント
――3日間の合宿を終えた感想を聞かせてください。

星 久々の合宿だったので。頭では復習していましたが、体で動かすのはちょっと違うなと感じました。その中でも、3日間で修正できるところは修正できたのかなと。それでもまだ100%ではありませんが、いままで呼ばれていた合宿よりは、できていた部分があるかなと思います。

――これまで良いパフォーマンスを見せていたときも、なかなか代表に呼ばれませんでした。外からは「星龍太選手の代表のキャリアはもうないのかな?」という風にも見えていたのですが、星選手自身はどう感じていましたか。
星 もちろんチームで結果を出すことが代表の近道になると思うのですが、今、代表で求められているのはマルチプレーヤー的な存在が多いじゃないですか? 2つのポジション、3つのポジションをこなせるみたいな。その中で今、チーム(名古屋)の役割では、そこに対して僕自身がアプローチできていません。

――名古屋だと、完全にフィクソで固定ですもんね。
星 はい。フィクソっていう役割を与えてもらっているので、アラのイメージでとかは、なかなか練習ではできていても、試合になるとそういう指示が出るのでできない部分もあります。でも、そこでスペシャリティを持ってやれれば、もちろんやれると思うので。そこに対してアプローチしていくしかないのかなと。もちろん、頭の部分では考えることはいくらでもできます。だから、(代表に)呼ばれたらいくらでもアプローチはできますが、チームの中での役割がある時点で難しいというと語弊もありますが、気持ちの持っていき方が難しかいのはあります。

――そういう意味では今回、ブルーノ・ガルシア監督の目の前でアピールできたのは、非常にポジティブだったのではないでしょうか。
星 今回、(皆本)晃が負傷して呼ばれたのもラッキーだったし、そこで3日間でできた部分もありました。『僕もまだできるぞ』っていうアピールはできたと思います。

――またブルーノ監督は、相手のセットプレーの際に守備的な選手を一気に投入することもあります。ここに来ることで、そうした使われ方ができる存在になる可能性もありますよね。
星 そうですね。一回の合宿で食い込めるとは思いませんが、ここで一回呼ばれたことで、今後の合宿までに僕のプレーをもう少し見てくれる機会は増えるかなと思っています。今回、合宿に来ることができたことは、代表に行くチャンスとしては、すごくプラスになったかなと。5%くらいが10%になったかもしれません。パーセンテージは上がったかなと思います。

――ブルーノになってから招集されたのが、昨年10月以来だと思いますが、その間にAFCフットサル選手権に出た選手たちもいました。何かチームで不在の時期に、変わったなと感じることはありましたか?
星 僕がやったセットは、基本的に新人というか、新しい選手、アジア選手権に行っていない選手で練習も試合もやっていたので、ブルーノが求めているものは、変わらなかったですね。そこから上っていうのが、まだ求められていないセットだったので。

――昨日、アジア選手権に出た選手たちと、新しい選手たちで紅白戦をやったんですよね? スコアでは新しい選手たちのセットが勝ったと聞きました。
星 試合はやりましたが、まだ応用までは利かせられない、基礎的な戦術を教わって、そこだけで戦っている感じです。

――ベースをつくっている感じですね。
星 そうですね。なので、いままでと変わりはなかったですね。戦術面で増えていることはありましたが、根本は変わっていなかったのでアジャストはしやすかったです。

――代表は大きな試合がしばらくありませんが、名古屋は今年、AFCフットサルクラブ選手権にも出ます。新シーズン開幕前にここに来たことで、さらに新しい意欲を持って新シーズンに臨めるかなと思いますが、新シーズンに向けた意気込みを聞かせてください。

星 チームとしては、昨シーズン、3冠を取って良い感じで終われました。今シーズンは4冠を目指すうえで大事なシーズンになりますし、海外と戦えることは、逆にそれも代表に向かったのアピールチャンスになります。日本人だけで戦って、外国籍選手が一人になれば、メンバーが限られた中で出ることになれば、フィクソだけではない役割も求められるかもしれません。なので、そういう意味ではチャンスに捉えていますし、それが良いきっかけになってくれればと思っています。そこに対して僕もアプローチしないといけませんし、チームが勝つのが優先ですが、結果を出すことで、代表に呼ばれる可能性はつぶしたくないので、自分の中で問題点をつくりながらやっていきたいと思います。

――名古屋の新加入選手(星翔太選手)はいかがですか?
星 いいですよ。やっぱり頭がいいですし、フットサル脳があると思うので、チームに新しい気付きを与えてくれます。

――ガツンとピヴォでやりそうですか?
星 多分、違いますね。今のところは僕とセットが違うので。交代で何回かやったりしていますが、ペピータ、ヴァルチーニョ、僕、橋本のセットがピヴォのセットで。もう一つ、ラファがいたほうに翔太が入って、張ることもありますが、4枚で回すことも多いです。実際に試合に入らないとわかりませんが、でも、良いアクセントになっています。そういうアクセントを加えないと、同じままだと敵チームにも1年見られているので、そういう意味でも変化があるのは大事です。経験ある選手だから今のところは助かっています。ケガをしないかだけが、心配ですね。強度が高いので。

――オーシャンアリーナカップまで、もう2週間ですからすぐ始まりますね。
星 そうですね。僕たちは1試合少ないので、まだ準備できますが。すべての大会がレギュレーションも違いますし、そこに対して4冠を取りに行くのは難しいと思いますが、楽しみでもあります。僕は(無冠で開幕を迎えた)昨シーズンよりも、荷が下りた状態でできていますからね。

関連記事

  1. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号4 FP二宮秀文(…
  2. フットサル日本代表、タイ遠征メンバーを発表 10人が初選出
  3. 【日本代表】代表デビューのFP小門勇太が先制点! 欧州遠征中の日…
  4. 【PH】第23回全日本選手権 準決勝 名古屋オーシャンズvs湘南…
  5. 【PH】親善試合 日本代表vsアルゼンチン代表 第1戦(150枚…
  6. 【U20アジア選手権】最後までピッチを離れられなかったGK山田正…
  7. 【U-20アジア選手権】初戦快勝もチームの課題を指摘するGK坂桂…
  8. 【親善試合】1G1Aも決定機逸で試合を難しいものに FP清水和也…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。