Fリーグ下部組織

【選手権】大分にジャイアントキリングのすみだバッファローズ FP清水誠也「ストロングポイントである若さがあった」

[3.2 第23回全日本選手権B組 すみだバッファローズ 3-1 大分 エコパアリーナ]
今大会のダークホースとなったのは、東京都1部リーグのフウガドールすみだバッファローズだった。初戦のバサジィ大分戦では、Fリーグで最下位に沈んだ相手に対して走り勝ち、勝ち点3をつかみ取った。試合後、キャプテンの清水誠也は、この試合に向けて綿密なプランニングを行ったことを明かし、2戦目以降も同じ戦い方を続けていくと誓った。

以下、大分戦後の清水誠也選手のコメント
――大分に勝利しました。今の気持ちを聞かせてください。
清水 やっぱりどうしてもFリーグクラブと地域リーグのクラブには、とても大きな差があるものです。その差をどれだけ自分たちの持ち味で埋めていくかは、今週1週間の練習からずっと考えてきました。1対1とか組織では、Fリーグのクラブがどうしても上回ってしまいます。それをどれだけ人数をかけてカバーするか。攻撃に対してもどれだけ人数をかけられるかを飽きなく考えてやってきたので、それが結果につながったのが嬉しかったです。

――森村選手と仁部屋選手の個人は抜けていた感じがしますが、それ以外はやりたいことをまるでやらせませんでしたね。特に守備のプレッシングは40分を通して見事でした。
清水 僕たちがどれだけ相手の個を抑えるかを考えると、そこにボールを回させないように、その前にボールに対してプレスをかけていく。その分、相手に前進もさせませんし、ショートカウンターも狙って、どれだけ得点を重ねられるかもありました。それがうまくいったなと思います。

――こういう試合では先制点が大事になりますが、その先制点を取りました。さらに2点目は今の話にあったように狙い通りのショートカウンターでした。カテゴリーが4つも下のクラブがジャイアントキリングを起こしましたが、内容も完勝でした。東京都予選の町田アスピランチ戦から、爆発的にチームが成長していますね。
清水 今大会の一つのポイントが、アスピランチ戦でした。昨年は東京都リーグも一緒に戦っていましたし、公式戦でなかなか勝てなかった相手でした。そこに対してどれだけ自分たちが頑張って結果を出すか。それが結果に結びついたことが、ここまでの勢いを産み出したと思います。でも、まだ1勝です。明日は浜松さんとの試合があり、3日目もミカロ仙台さんと、格上の相手との試合が続きます。今日はしっかり休んで、今日みたいな雰囲気で頑張れれば、結果も勝てるんだということが証明されたので、明日も良い雰囲気で頑張りたいと思います。

――本当にすべてを出し切ってつかんだ勝利だと思います。これを3試合連続でできるかがポイントですね。
清水 僕たちの生命線はそこだと思うので、そこでどれだけハードにプレスから行けるかが、残り2試合の課題だと思うので。また40分続けられるように準備します。

――明日の試合も面白そうですね。僕は大阪会場に行くので見られないのですが…。
清水 そうなんですね。今日は応援団長もわざわざトップに行かずに、こっちに来てくれたんです。だから、どうしても結果で、勝って終わりたかったので良かったです。本当にみんなで頑張った証、そのご褒美だと思うので、今は喜びますが、夜になったら切り替えて明日の試合に向けてまたみんなで話し合えたらと思います。

――清水選手も前線からのプレスをこなし、ロングボールを収めて、体を張って戦いましたね。ただ、シュートだけが惜しかったですね、カットインした場面。
清水 そうっすね。あとちょっとでした。

――それでも一人ひとりが仕掛けるときは仕掛けて、大分の選手を抜き去ってプレーできていたのが印象的でした。
清水 後半になると、どうしても大分も疲れが見えてきて、足が止まる時間帯もありました。そこで僕たちは、ストロングポイントである若さがあったので。やってみたら個人でもそんなに差がない選手もいるんだなと思いました。それは新たな発見でしたね。

◆◆【PR】フットサル/サッカーブランド agrina◆◆

――ピヴォの選手にはほとんど何もさせませんでした。
清水 フィクソが本当に頑張ってくれましたね。あとフジエモン(藤川朋樹)がいなかったですよね、大分は? もう一人いたら、また変わっていたかなと思いますが、今日はとにかく勝って良かったです。良い結果を報告できるように、明日からも頑張ります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

関連記事

  1. 【選手権】ハットトリックの北海道FP酒井遼太郎「相当、負けず嫌い…
  2. 【U-19日本代表】鋭いドリブルを武器に紅白戦で2アシストFP萩…
  3. 【Fリーグ】神戸がFP原田の2ゴールなどで大分との点の取り合いを…
  4. 【選手権】ジョン・レノン弾で逆転の浜松、地域CL3位のミカロ仙台…
  5. 【Fリーグ】府中が最終戦で勝利もPOには届かず、大分はシーズン2…
  6. 【Fリーグ】連敗を4で止めた大分 藤川監督代行「これからは監督を…
  7. [女子選手権]日本リーグの2チームが強さを示した準決勝
  8. 【選手権】公式戦3年ぶりゴールの湘南FP久光重貴 「試合の出方が…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • taku.kawai
    • 2018年 3月 15日

    今シーズンはFリーグデビューも飾り、そのデビュー戦で初ゴール!
    来季以降は、Fリーグディビジョン1での活躍にも大きな期待がかかります。
    すみだでなかなか出場機会が得られないようであれば、
    どこかに期限付き移籍するのもありかなと。

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

カテゴリー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。