【クラブアジア選手権2017】チョンブリ戦後FP相井忍選手のコメント「自分が出ていたらわからなかった」

[7.27 AFCクラブ選手権2017 チョンブリ 4-2 大阪 ホーチミン]

シュライカー大阪は27日、AFCフットサルクラブ選手権2017の準々決勝でタイのチョンブリと対戦した。Fリーグで名古屋オーシャンズの10連覇を阻み、初のアジア挑戦を目指した大阪だったが、2-4で敗れて大会を去ることとなった。

以下、試合後の相井忍選手のコメント

――相井選手、お話を聞かせてもらっていいですか?
相井 オレ? ないでしょ。今日、出場停止で出てませんよ。

――今日の試合だけでなく、大会を通じての話です。そもそも出場停止になった通算2枚目のイエローカードは相手のファウルだったかなと。
相井 あれはね、映像を見直しましたが、全然シミュレーションじゃなかったです。

――相手の間を割って入ったとき、ああいう形にならないと負傷しかねません。
相井 でも、ももかんが入ってますからね。思いっきり当たってたんですよ、あれ。

――負傷しているじゃないですか…。大阪のアジアクラブ選手権が終わってしまいました。もうひと試合見たかったですし、相井選手がいる状態だったら、チョンブリ相手にどうなっていたかという試合でした。そうした「たら」、「れば」、がありますが、相井選手にとってはどのような大会でしたか?
相井 正直、シュートも打てていませんですし、ゴールという部分では自分のピヴォというポジションに対して、要求されていたことに対して何も仕事ができませんでした。前から激しくディフェンスするという部分にかんしては、Fリーグでやっているときよりも、できたのではないかなと思います。そこから得点につながっている部分もありました。

――あそこでピヴォが取り切ってくれると、後ろの選手たちも非常に楽になります。
相井 そこは自分が得たことかなと思うのと、今日の試合は自分が出ていたらわからなかったなと。こうしていたかな、ああしていたかなと、いろいろ考えて見ていました。でも、それもすべて自分が余計なイエローをもらった結果なので、すごく勉強になりました。

――ああいうプレーがなくなると、代表入りにも近づく選手なのかなと思うのですが…。
相井 まぁ……。代表ももちろん目指していますが、Fリーグもそうですが、今シーズンはあまりシュートも打てていないし、ゴールもできていないので。

――神戸と役割が違うからという部分で難しさがあるのですか?
相井 (ゴールを)求められていることは一緒ですが、ディフェンス面のことをまずやろうとか。まず大阪の選手に合わせようとか。そういうのを考えすぎていて、Fリーグでは、本当に全くダメなので。

――自分でという意識を持ち切れていない?
相井 そうです。神戸のときのようにはまだできていないので。この大会で、チアゴ、バナナ(ヴィニシウス)もいない中で、その辺も何かつかめるとか、何か変われるかなというのは思っていたのですが、こういう結果になって残念です。

――その点について何か良いヒントみたいなものは得られましたか?
相井 ヒント…。

――Fリーグで再び点を取るためにと。去年の日本人得点王ですから。
相井 でも、去年の日本人得点王というプレーは、今はできていないので。でも、まずはチームが勝つことを考えて、ディフェンスを頑張っていきます。その中でシュートを狙っていく。その感覚は、去年、持っていた感覚があるので、自分のストロングポイントを出していきたいと思います。