【Fリーグ】大阪が北海道FP堀米将太の来季加入を発表 「連覇に貢献できるよう頑張ります」

シュライカー大阪は22日、エスポラーダ北海道からFP堀米将太を獲得したことをクラブの公式HPで発表した。札幌大サッカー部から2012年に北海道に加入していた堀米は、昨年、日本代表候補合宿にも初めて招集された。2017-2018シーズンの大阪は、AFCフットサルクラブ選手権への参戦も決まっており、日本人選手の補強が急務とされていたが、その第1弾として北海道の中心選手の加入が決まった。

 

クラブを通じて堀米は、「この度、シュライカー大阪に入団することになりました堀米将太です。 日本一のチームの一員になれることを心から嬉しく思います! 早くチームに慣れ、戦力になり連覇に貢献できるよう頑張りますので、これから応援をよろしくお願いいたします」と、コメントを発表している。

また、北海道の広報を通じて、「この度、5シーズンお世話になったエスポラーダ北海道からシュライカー大阪に移籍することになりました。生まれてから24年間ずっと札幌で育ってきた自分にとって地元を離れることはとても寂しいですが、自分自身のレベルアップと、日本代表になってW杯出場という目標達成のためには、刺激と変化が必要だと感じ今回移籍を決断しました。エスポラーダからフットサルキャリアをスタートした僕にとって、最初はフットサルのフの字も知らないくらい未熟者でした。そんな自分を育ててくれた小野寺監督をはじめ、スタッフ、チームメイト、そしてスポンサー、サポーター、ファンの皆さんのおかげで選手としてはもちろん人としても成長することができたのではないかと、とても感謝しています。北海道で学んだことを活かしてこれからも頑張っていきますので引き続き堀米将太を応援していただけたらありがたいです。5年間本当にありがとうございました」と、感謝のコメントを発表している。

以下、シュライカー大阪発表の選手プロフィール

  • 堀米翔太
    ほりごめ・しょうた
    ■生年月日
    1993年1月20日
    ■身長/体重
    177㎝/66kg
    ■出身地
    北海道
    ■血液型
    O型
    ■経歴
    2011 札幌大学サッカー部
    2012~2017 エスポラーダ北海道
    ■代表歴
    2016 日本代表候補