【AFCクラブ選手権2017】サナイェ戦後、大阪FP今井翔選手コメント「今日の借りを取り返したい」

[7.24 AFCフットサルクラブ選手権2017 大阪 2-3 サナイェ・ギティ・パサン]

――いろいろ学んだ試合になったかと思いますが、試合の感想をお願いします。
今井 僕としては初めての国際大会で、普段は試合にもそこまで出られていない状況ですが、ここに来て、自分の良さを出す場面がどこかとかいろいろ考えたりしています。その中で今日の試合に関しては、ディフェンスを全力でやる。そこからリズムをつくろうとして臨みました。手ごたえは少しありましたが、やらないといけないことはありますし、最後のパワープレーの場面は、やっぱり自分のミスですし、そこは申し訳ない気持ちです。

――あの時間ですし、攻め急いでいてちょっとサポートもいなくなっていました。
今井 あの場面でいうと、中を切られたので縦に運びました。そのときに顔を上げて、パスコースは見えたのですが、相手のディフェンスまで見えていませんでした。

――リーチに戸惑ったわけではないんですね。
今井 あそこの場面は、違いますね。ディフェンスのポジショニングを見れていませんでした。僕の個人的なミスです。

――後半の頭から攻められて、守備でリズムを取ることができたと思います。でも、攻める回数は少なかった。今井選手が終盤に攻めあがってシュートを打った場面があったのですが、打てる場面で一回打たず、次の場面で打って相手に引っかかったのかなと思いました。あそこで一本目、右足で打てなかったのは相手を意識し過ぎたからですか?
今井 おっしゃったとおりですね。

――Fリーグだったら打っていたのでは?
今井 相手の出方を待ってしまったんですよね。もっと自分から仕掛けないといけなかったなと思います。

――今日は悔しい思いをしましたが、もう一度サナイェと戦えるかもしれませんし、次はおそらくタイのチョンブリとの試合になります。次は相井選手も不在になるので、攻撃陣は工夫が必要かと思います。
今井 次の相手は決まっていませんが(25日にチョンブリに決定)、分析は監督がしっかりしてくれるので、それを頭にしっかりと入れて、選手一人ひとりがやれることをやる。自分のやれることを100%やれるように、その準備をして今日の借りを取り返したいですし、そこに向けて頑張りたいです。