【U-20アジア選手権】インドネシア戦での初ゴールを誓う内田隼太「自分が点を取れていないのが、引き分けた原因」

[5.18 第1回U-20アジア選手権 U-20日本代表5-5U-20タジキスタン代表 フアマーク]

U-20日本代表は18日に行われた第1回AFCU-20フットサル選手権のグループリーグ第2戦目で、タジキスタン代表と5-5で引き分けた。序盤に2失点をする苦しいゲームとなったが、後半に逆転したが、2度のリードを守り切れなかった。セカンドセットの一角として出場するFP内田隼太は、持ち味のテクニックを生かしてチャンスに絡んでいるものの、ここまで大会2試合ノーゴール。タジキスタン戦の前半には、自陣からボールを運んだFP植松晃都からのパスを受け、絶好の得点機があっただけに1点決めたいところだった。本格的にフットサルを始めて1年でアジアの舞台にたどり着いた内田は、タジキスタン戦での引き分けを反省し、インドネシアとの大一番でのゴールを誓った。

以下、タジキスタン戦後の内田隼太選手のコメント
――2試合を終えて勝ち点4。どのような感触を受けていますか?
内田 一戦一戦、目の前の試合だけに目を向けているので。ここで引き分けてしまいましたが、インドネシアとベトナムの2チームが強いことはわかっているので、とりあえず明日の試合に勝つことだけを考えています。
――立ち上がりは外から見ていてどうでしたか?
内田 初戦も良くはなかったのですし、取られても早い時間帯だったので、全然、返せる時間はあるかなと思っていました。
――普段、タジキスタンのような大柄な相手とプレーする機会もないと思いますが、そういう相手とこのアジア選手権で戦うことはいかがですか?
内田 自分はフットサルを始めて、まだ1年しか経っていないんですけど、1年でここまで来て、自分にとってはすごく大きな経験だと思います。
――明日のインドネシア戦に向けて?
内田 この引き分けも、いろいろな要因があると思いますが、自分が点を取れていないこと。それが原因だと自分の中では思っているので、明日は点を取って勝ちたいです。