【クラブアジア選手権2017】チョンブリ戦後FP芝野創太選手のコメント「決めきれる部分で決めきれなかったことが、すべて」

[7.27 AFCクラブ選手権2017 チョンブリ 4-2 大阪 ホーチミン]

シュライカー大阪は27日、AFCフットサルクラブ選手権2017の準々決勝でタイのチョンブリと対戦した。Fリーグで名古屋オーシャンズの10連覇を阻み、初のアジア挑戦を目指した大阪だったが、2-4で敗れて大会を去ることとなった。

以下、試合後の芝野創太選手のコメント

――大会が終わってしまいました。チョンブリと戦ってみて、いかがでしたか?
芝野 イラン(サナイェ)同様に素晴らしいチームだったのですが、立ち上がりの決めきれる部分で決めきれなかったことが、すべてだと思います。

 

――内容的には優勢な内容でしたが、最初に失点して3分間で3失点しています。あの1点目のダメージは大きかったのですか?
芝野 押し込んでいた中で、先制点を取られましたが、精神的なダメージというのはそんなにありませんでした。自分たちのやることをやれば逆転できると思っていました。気分的には少し落ちましたが、特にそこは問題なくやれました。

 

――チョンブリは徹底的に守ってきました。
芝野 思っていたよりもしっかりついてきましたし、素晴らしい守備にやられました。

 

――イランとタイのクラブと試合が戦えましたが、芝野選手が今大会を終えて課題に感じている部分はありますか?
芝野 得点チャンスはあるので、その中で決めきることです。あとはシュートまでもう少しシンプルに行けたと思うので、そこですね。シュートを打たないとゴールは取れないので、そこでどれだけシンプルにやれているか。あとはチャンスメイクのところでも、質を上げていかないといけないと思いました。

 

――今のシンプルにシュートまでいくというのは、どれだけ良いところにボールを置けるか、動かせるかとか、そういう話ですよね?
芝野 はい。そうですね。そうしたところをまたFリーグで磨いていきたいと思います。

 

――この大会に出てみて、アジアの舞台で戦う意義みたいなものは感じられましたか?
芝野 やっぱり自分たちのチームでも、個人でも通用する部分はありました。ここまで3戦して1勝2敗ですが、優勝候補と呼ばれるサナイェ、チョンブリとやって、通用する部分もあったし、勝つチャンスも見えました。その中で負けたことは悔しいですが、今大会は終わってしまいましたが、借りは返したいですし、借りを返すチャンスをつくりたいです。

 

――昨季は大分に所属していて、Fリーグ優勝も経験していません。タイトルがほしいところですね。
芝野 そうですね。タイトルはほしいです。また日本に戻って頑張ります。