【AFCクラブ選手権2017】連続写真と本人コメントで振り返る 芝野創太のスーパーゴール「まさか入るとは」

今大会屈指の好ゴールだろう。後半10分にサナイェ・ギティ・パサンを相手に、シュライカー大阪のFP芝野創太が決めた一点だ。このゴールを連続写真と、本人のコメントで振り返る。

まずは連続写真から。

続いて、本人の解説
――2点目のゴールを振り返ってください。
芝野 一発目、ちょっと高く上がったときにオーバーヘッドを狙ったのですが、相手が2人いて打てませんでした。打てなかったので、もう一回ボールを浮かせました。打ったときは、個人的にはシュートを打てたことに納得できていたというか、まさか入るとは思っていませんでした。シュートを打った後、外れたかなと思ったのですが、後ろを見たら入っていたので、かなり驚きました。

――ゴールを狙っていたというよりも、まず打つことを考えていたんですね。
芝野 そうですね。ゴールに向かって蹴るということだけでした。自分の打った感触が、枠を捉えていなかったんです。

――そうなんですか?
芝野 はい。だから、またビデオで見て、どんなゴールだったか、確認したいと思います。