Fリーグ

【東京都1部リーグ】すみだバッファローズ×町田アスピランチ 試合後の町田アスピランチ 後呂康人選手のコメント

taku1650-1500x1126

9月17日に行われた東京都1部リーグのフウガドールすみだバッファローズ(以下バッファローズ)対ペスカドーラ町田アスピランチ(以下アスピランチ)の一戦は、4-4の引き分けに終わった。現在、東京都1部リーグで首位を走るアスピランチで、攻守に絶大な存在感を示しているのが、トップチームでもプレーしていたFP後呂康人だ。この試合でもゴールを決め、試合終了間際には同点ゴールをアシストした後呂に、試合後、話を聞いた。

以下、試合後の町田アスピランチ 後呂康人選手のコメント
――これまで、これだけ長い時間でプレーする姿を見る機会はありませんでした。
後呂 そうですね。トップにいたときは、あんまり長い時間出ることはなかったのですが、今はトップにいた頃と状況が違うので。どちらもやりがいを感じながらやっています。

――バッファローズの金川選手や後呂選手が出場することで、レベルを計るバロメーターになっていて非常に助かるのですが、アスピランチでプレーするうえで、後呂選手はどういう意識でいるのですか?
後呂 もちろん、下手なプレーはできません。みんなからもトップにいた選手と見られていますし、それなりにプレーで示さないといけないと思っています。あまり喋って伝えるのは得意ではないのですが、Fリーグを経験してきた人間として、プレー、態度、姿勢などいろいろなことを若い選手たちに伝えることが一つの役割だと思っています。もちろん、僕自身も上を目指してやっていますが、今までみたいにプレーするだけではなく、そういうことも考えながらやる位置にいるのかなと思っています。

――そのプレーで引っ張っていく姿勢は伝わってきました。出場して早々、チームの2点目をアシストしましたね。今日の試合は良い形で試合に入れましたね。
後呂 そうですね。この試合に関しては、都リーグの日程が出た時点で一番大事な試合になるなとみんな思っていました。レベルはバッファローズと大差はないと思うのですが、この試合に向けて、どれだけ少しのところで、こだわってやって、差を少しでも広げられるかという意識で練習から取り組んでいました。それが入りに出て、良い立ち上がりでした。自分たちが思ったよりも、逆に良すぎて2点入りましたね。

――2点目が入ったのが、セカンドセットに変わっている途中でした。セカンドセットになったときに、クワトロを意識し過ぎたのか、流れが一気に変わってしまったかなという印象を受けました。
後呂 セカンドセットは、ピヴォが1枚いるので3-1で基本的にはやろうと話していたのですが、相手のプレッシャーもあって、ちょっと難しいようになりました。最初のセットがすごく流れをつくってくれて、入りも良かったんですが。

――そこから追いつかれて、どちらが勝ち越し点を挙げるかという時間帯では、なかなかアスピランチはシュートまで行くことができませんでした。それでも逆転を許してからは、しっかりとギアを上げて攻めて、追いつくことができましたね。
後呂 トップチームにいたときもそうですが、波は絶対にあります。良くない時間帯や良くないセットはあるので、その波をなくしていくことが大事ですが、お客さんがいっぱい入っていて、絶対に負けられない緊張感のある試合を経験できたことが、まず若い選手が多い中では価値があると思います。追いつけなければ2位に落ちていましたし、本当に大事な試合だと捉えていたので。

――最後のパワープレーはボールが回っていたものの、シュートはブロックされて崩し切ることはできませんでした。その中で後呂選手のアシストから同点ゴールが決まりました。
後呂 最後は(服部慎悟選手の)胸に当たって入りました。あの場面の前、パワープレーをした1本目に同じ形があって、そのときに(バッファローズに)シュートを見せていたんです。2本目もシュートを打とうと思ったのですが、ちょうど慎悟が良い形で僕の視野の中に入ってきたので、シュートを打つのをやめてパスに切り替えたんです。その瞬間に、胸で決めてくれました。今週はずっとあの練習、パワープレーの、しかもあの練習をやってきたので。

――1本目にシュートを打っていたのは、最終的にこの形を狙うためだったのですか?
後呂 いいえ。まずはシュートを打とうということで、決めるために打っていました。それを読まれて、相手が絞ってきていたのでパスに切り替えました。シュートを警戒してきたラパスにするという形を練習からやっていたので、練習通りの形でできました。

◆◆【PR】新フットサルブランド LEGIT◆◆

――この引き分けは大きいですが、明日には全日本選手権の東京都予選もあります。
後呂 言ってしまえば、この試合もただの1試合です。都リーグもまだ続きますし、僕たちは何かを成し得たわけではないですし、そこを締めるのも僕の役割だと思っています。明日から選手権が始まります。でも、良い流れをつくっていきたいですね。リーグ戦、選手権を勝ち抜けるように。選手権に出ること、関東リーグに昇格することが、今シーズンのサテライトの使命だと思うので。明日は明日で切り替えてやらないと、絶対に痛い目を見ると思うので、しっかり切り替えてやっていきたいと思います。

taku1392-1500x1124

関連記事

  1. 【Fリーグ】名古屋×すみだ 試合後のすみだ 諸江主将コメント
  2. 【Fリーグ】Fの舞台に2シーズンぶりに復帰した湘南FP高溝(7枚…
  3. 【PHOTO】2017プレーオフ・ファイナル 大阪vs町田 後半…
  4. 【Fリーグ】すみだがFP岡山和馬とGK清家大葵の退団を発表
  5. 【Fリーグ】まさかのドローにも前を向く名古屋FP星龍太「初心に立…
  6. 【Fリーグ】北海道FP水上玄太がFリーグ4人目の通算200ゴール…
  7. 【Fリーグ】第23節の全6試合で試合前に黙とうを実施へ
  8. 【U-19日本代表】カザフスタン戦以来の公式戦スタメン出場のGK…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。