Fリーグ

【オーシャン杯】PK戦での辛勝に危機感を抱く北海道 小野寺隆彦監督「F1を戦っていけるかは苦しい状況」

[5.25 オーシャン杯 柏 2-2 PK2-3 北海道 アリーナ立川立飛]
2回戦進出を逃していてもおかしくはなかった。エスポラーダ北海道は25日のオーシャンカップ1回戦で、Fリーグ・ディビジョン2のトルエーラ柏と対戦。開始20秒で先制しながらも、Fリーグに参入したばかりの柏を振り切れなかった。40分を終えて2-2で試合は終了し、PK戦の末に辛くも2回戦進出を決めた。

内容的にも決して相手を圧倒できなかった試合後、小野寺隆彦監督は「耐え抜くことができたことは一つの収穫」と、ポジティブな要素を拾いつつも、入れ替え戦が行われる2018/2019シーズンに向けて危機感を口にした。

以下、柏戦後の北海道・小野寺隆彦監督のコメント
――試合の総括をお願いいたします。
小野寺 Fリーグ・ディビジョン1のチームとして結果を出さないといけない中で、もう少し得点を取って、失点も最少失点くらいに収めないといけないゲームでした。しかし、まだまだ力不足だということもありますし、新人もローテーションで使っていたので、耐え抜くことができたことは一つの収穫だと思いたいところです。

ただ、Fリーグ・ディビジョン1のチームとしてリーグを戦っていけるかは、苦しい状況であることは間違いありません。明日のすみだ戦で全力を尽くし、どれだけ戦えるかもポイントになってきます。厳しい状況であることは、シーズンが始まった段階でわかっていたことです。できたことを褒めてあげながら、前向きに進んで行きたいと思います。北海道はチームで戦うチームなので、良いチームにしていきたいと思います。

――和田拳斗選手の評価を聞かせてください。
小野寺 左利きという特徴を持っていて、十川祐樹と(左利きが)2枚そろったことは大きい。また、高卒の割にはパンチ力があります。しっかり枠にボールが飛べば、先輩たちよりも良いシュートを打つので、日本の武器に成り得る可能性があると思い、使い続ける価値がある選手だと思っています。

関連記事

  1. 【Fリーグ】覇権奪回を目指す名古屋、外国籍選手3名を含む7選手の…
  2. 【Fリーグ】日本代表に招集された浦安の2選手がコメントを発表 G…
  3. 【Fリーグ】チャンスを逃さなかった浦安、湘南の猛攻に耐えて逆転勝…
  4. 【Fリーグ】反撃のゴールも敗戦に涙の町田FP日根野谷「点差は4-…
  5. 【Fリーグ】ラスト15秒で2ゴールの町田、立川・府中を振り切って…
  6. 【Fリーグ】9年ぶりに弟・龍太とのホットライン開通の名古屋FP星…
  7. 【Fリーグ】積極補強の府中、北海道のキャプテンFP酒井遼太郎の加…
  8. 【Fリーグ】まさかのドローにも前を向く名古屋FP星龍太「初心に立…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。