【U-20アジア選手権】ベトナム戦で本領発揮となるか 仁井貴仁「勝って次に進みます」

[5.19 第1回U-20アジア選手権 U-20日本代表3-3U-20インドネシア代表 フアマーク]

Fリーグ2016/2017のプレーオフファイナルで、決定的な働きをした仁井貴仁だが、U-20日本代表として戦っているU-20AFCフットサル選手権では、まだ本領を発揮できていない。グループステージ第3戦のインドネシア戦では先発から外れ、出場時間も減少した。このチームの中では多くの場数を踏んでいるだけに、窮地に追い込まれたベトナム戦での奮起が期待される。

 

以下、インドネシア戦後の仁井貴仁選手のコメント
――この2試合が厳しいものになりました。ここまでに3連勝しているかなと想定していたので、ビックリしているのですが…。
仁井 今日もまったく昨日と同じ展開ですからね。最後の最後で1点決められて勝ちきれないという展開で…。悔しいですね。
――点を取れずにリードを広げられないこと、勢いある相手を止められないこと。両方が問題だと思いますが、どちらをより重く感じていますか?
仁井 まぁ、両方あるんですが、リードを広げられたらいいのですが、点が入らない状況で、最後の最後でみんな気持ちはあるのですが、言葉に表せないというか。なんで失点しているのかわからない。
――今日は立ち上がりの入りは悪くなかったけど、先制点も許しました。
仁井 そうですね。本当に難しい。まさか昨日と同じことが…という感じです。
――仁井選手はプレーオフファイナルでも決定的な仕事をしました。あのときは落ち着いてプレーできていたと思いますが、このU-20アジア選手権はあの舞台と比べても違うものがありますか?
仁井 またプレーオフとは別の感じがしますね。代表戦という感じがします。
――昨日のタジキスタンとかだと、体格も違いました。
仁井 でも、大阪でアルトゥールといった外国人や、(佐藤)亮さんだったり、うまいディフェンスの人もいて普段やっているので、あまり相手が脅威だとは感じませんでした。
――個人では普段からの経験があるから戸惑いはない?
仁井 でも、自分では全然、プレーに納得できていません。全然、ドリブルはあまりやっていないですし。
――昨日の後半は割と仕掛けた印象ですが、今日は控えめでしたね。
仁井 あんまり出ていないですからね…。
――今日の試合、先発を外れたことで期するものもあったのかなと思ったのですが?
仁井 そうですね。出たらやってやろうというのがあったのですが、出場時間も後半の途中からはありましたが、あまりなかったので。
――明日の試合、このままズルズルと言ってしまうと、大会が終わってしまいます。
仁井 明日は絶対に勝ちに行くので大丈夫です。
――今日から来ているサポーターもいますからね。
仁井 はい。なんとかして勝たないといけません。
――今のチームの雰囲気は?
仁井 落ち込んでいますね。でも、切り替えないと。明日もまた同じ状況になるとやばいので。
――日本ということで、相手の警戒心も高いですが…。
仁井 決勝トーナメントに行きたいんで、明日は勝って次に進みます。