【U-19日本代表】アジア王者との試合に意気込むFP仁井 「一人ひとり、集中してやっていけたら」

taku0462-1500x1125

フットサルU-19日本代表は、6日の午前中に名古屋オーシャンズサテライトと練習試合を行い、午後には7日の名古屋オーシャンズ戦に向けてトレーニングを行なった。疲労の蓄積を考慮し、約1時間で終わった練習の中では、シュートへの持って行き方、キックインからのシュートの形、Y字の陣形でプレッシングを掛けてくる名古屋に対してのプレス回避の練習、パワープレーの確認など、戦術確認を行った。練習後、3回連続でU-19日本代表に招集されているFP仁井貴仁は、自身のキャリアでも最も強いアジアのクラブ王者との試合に向けて意気込みを口にした。

 

以下、6日の午後練習後 仁井貴仁選手のコメント

――3度目の代表合宿ですが、いかがですか?

仁井 一人ひとりのポテンシャルが本当に高くて。チームとしては今、良い感じになっているかなと思います。

 

――先週は良い試合ができましたが、今日の午前中の試合は苦しい試合になりました。

仁井 自分を含めて、一人ひとりのディフェンスでしっかり対応に行けている部分と行けていない部分が、先週違ったと思います。行けている部分は全然取り切れていたのですが、行けていない部分で打開されることが多かったですね。

 

――フィジカル面というか、体の大きさも2回りくらい違いますよね。

仁井 フィジカル面はそうですね。まだまだ仕上げないといけません。アジアにももっと強い選手もいるかもしれませんし、クラブに帰ってフィジカルとかをやっていきたいと思います。

 

――代表とクラブの違いもあると思いますが、戦術面にかんしてはどうですか?

仁井 そこはもう代表は代表のやり方でやれたらと思いますし、最初は慣れなかったのですが、3回キャンプに呼ばれてみんなの良さもわかるようになってきました。

 

――仁井選手のこれまでのキャリアを教えてください。

仁井 高校までサッカーをやっていて、大阪に来てセレクションを受けて、受かってフットサルを始めました。アルバイトをしながら、フットサルをやっています。

 

――明日の名古屋オーシャンズ戦は、おそらく多くの選手にとって、過去最も強いチームとの試合になります。

仁井 サテライトとは全然、格が違うと思います。一人ひとり、集中してやっていけたらなと思いますね。

taku1665-1500x1124