Fリーグ

【オーシャン杯】立川・府中に敗れたFリーグ選抜 FP三笠貴史が感じたのは「言語化」の必要性

[5.26 オーシャンカップ2018 2回戦 F選抜 2-3 立川・府中 立川立飛]
初戦でFリーグ・ディビジョン2のY.S.C.C.横浜に勝利したFリーグ選抜だったが、2回戦では、立川・府中アスレティックFCに2-3で敗れた。高橋優介監督が「立ち上がりがすべて」と話したように、開始4分で喫した2失点が重くのしかかった。

試合後、Fリーグ選抜のFP三笠貴史は、「一言でいうと、悔しいです」と心境を吐露。そして、自分たちに必要なことに「言語化すること」を挙げた。

以下、立川・府中アスレティックFC戦後のFリーグ選抜 三笠貴史選手のコメント
――試合の感想を聞かせてください。
三笠 立ち上がりのところで、普段の僕らの練習とは違うフィジカル、スピード、テクニックに慣れるのが遅かったというのがすべてです。結果的に僕らができるんだということは、見ている皆さんに証明できたと思いますが、結果として出ないと「選抜はやれるよね」というチームで終わってしまいます。それはとても悔しいです。

--今日、公式戦で負けてしまいましたが、選手としてどんな感情を持ちましたか。
三笠 一言でいうと、悔しいです。その中身は、できるのに負けてしまったというのが一番です。みんなモヤモヤする気持ちが募っていると思います。最初は頭打ちで『バン!』と食らった後に、結果的に蓋を開けてみれば、前半途中からは自分たちのペースでできるし、押し込まれることもありませんでした。今度は、できる部分をもうちょっと言語化して、どこが通用しているのか、逆に通用していないのはどこなのかを、ゲーム中に言語化して話し合うことができれば、選手たち個人個人でゲーム中に修正して勝てるチームになってくると思います。

関連記事

  1. 【Fリーグ】FP三笠貴史がF初ゴールを含む2得点! Fリーグ選抜…
  2. 【Fリーグ】AbemaTVで振り返ろう!! 1点差を巡る接戦とな…
  3. 【Fリーグ】アルトゥール復帰の大阪、大分に快勝してPO圏内の5位…
  4. 【Fリーグ】最年少出場を果たしたFP清水 「この中で結果を残せな…
  5. 【Fリーグ】神戸がF2降格を発表 「クラブ作りを1からではなく、…
  6. 【Fリーグ】連覇を諦めない大阪・木暮賢一郎監督「明るい未来を信じ…
  7. 【Fリーグ】オールスター戦後 ボラ選手のコメント 「僕はたぶん、…
  8. 【Fリーグ】府中のFP宮田義人が全治6週間の負傷 選手権の出場は…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。