【U-20アジア選手権】大会初ゴールを狙うFP樋口岳志「どんどん打っていきたい」

U-20フットサル日本代表は18日、第1回AFCU-20アジア選手権のグループステージ第2節でU-20タジキスタン代表と対戦する。試合のなかった17日にはリカバリーと戦術確認のトレーニングを行った。初戦の台湾戦でピヴォに入り、流れの中で持ち味の強烈なシュートを何本か見せたFP樋口岳志は、第2節での大会初ゴールを誓った。

 

以下、練習後の樋口岳志選手のコメント
――昨日、初戦を終えました。一晩経って、いろいろ整理できたこともあったかと思います。初戦を振り返っていかがですか?
樋口 個人の反省としては、何もできなかったですね。

――ピヴォに入ってプレーするようになっていましたね。
樋口 そうです。名古屋のキャンプから、(植松)晃都とセットで、どちらが前に入っても機能するように。ピヴォとフィクソのどちらの動きを、両方のポジションに入って、練習中からやっていました。

――今まではフィクソばかりでしたが、ピヴォに入ることで心がけていることはありますか?
樋口 まず、ピヴォではボールを収めないといけません。フィクソとピヴォは同じ中央のポジションで縦関係でマッチアップをするので、自分がフィクソに入ったときにピヴォに何をやられたらイヤなのか、ピヴォのときフィクソに何をされたらイヤなのか、そういうことが見えてきました。

――両方のポジションをやったことで、幅が広がりそうなんですね。
樋口 そうです。だから、どっちに入ってもやれると思っています。

――将来的にはJリーグ入りを目指していると話していましたが、フットサルでのプレーが具体的にサッカーに生きるなと感じている部分はありますか?
樋口 フィクソだと、相手にボールが入った瞬間は、思いっきり当たりに行けます。でも、ボールが収まったときに無理に行くと、すぐ反転されてしまいます。行く場面、行かない場面の判断はできるようになってきました。ピヴォだったらボールを収めて、周りの味方が上がるのを待つ。どちらのポジションでも、サッカーに生きる部分はあるなと感じています。

――技術面以外にも、今大会での国際経験というのも今後に生きるかもしれません。実際に大会が始まっていかがですか?
樋口 相手うんぬんよりも、負けられませんよね。日本を背負っているので。

――プレーでは、相手のカウンターを招く場面もありましたが、結構、シュートを打つことはできていました。
樋口 決めたいですね。

――明日のタジキスタン戦に向けて、イメージはありますか?
樋口 ピヴォに入ったらどんどんシュートを打っていきたいです。

――反転する形はできてきましたか?
樋口 いや、まだ全然できなくて、(清水)和也に行き方、体の使い方を教わっています。でも、まだまだなので、とりあえず収めて、チームのリズムを作るのが役目かなと思います。

――Fリーグクラブの練習にも参加していたんですよね?
樋口 はい。この大会後は、どうなるかはわかりません。フットサルも面白いなという気持ちはすごく強くなりました。最初は全然、わかりませんでしたけど(苦笑)。

――では、明日の試合も頑張ってください。
樋口 はい。ゴールを決めます!!