【U-20アジア選手権】ベトナム戦MOM 豪快決勝弾のFP樋口岳志 「隆二さんに怒られた次の試合は点が取れるんです」

[5.20 第1回AFCU-20フットサル選手権 日本3-1ベトナム フアマーク]

U-20フットサル日本代表は、19日に行われたU-20ベトナム代表戦に3-1で勝利。グループステージ突破を決めた。1点をリードした前半12分、最前線で相手からボールを奪った樋口岳志は、そのまま左サイドから左足でシュートを突き刺した。結局、このゴールが決勝点となり、チームは決勝トーナメント進出を決めている。値千金のゴールを挙げ、守備でもフィジカルの強さを生かして相手の攻撃を食い止めていた樋口は、流通経済大学のサッカー部に在籍。フットサル経験は浅く、まだまだ粗削りだが、試合ごとに確実にできることを増やし、チームの戦力となっている。

以下、試合後の樋口岳志選手のコメント
――勝ちましたね。
樋口 勝ちました。ホッとしましたね。残りの8分くらいですかね、相手がパワープレーしてきたの? ああいうことって、あるんですか?
――ありますよ。昨年のアジア選手権では日本代表もキルギスタン戦で、前半のうちからパワープレーをしたりしていました。
樋口 ああ、そうなんですね。知らなかったんで。今まで残り2分、3分でやってくることが多かったので。
――特に今日の試合については、日本が過去2試合パワープレーでやられていたので、長い時間やろうとしたのではないでしょうか。
樋口 そうですね。
――そういう難しい状況でつかんだ勝ち点3です。
樋口 ホッとしています。昨日は、自分が全然ダメで、夜に隆二さんと、また話をしたんです。隆二さんに怒られた次の試合、絶対に点を決めるんですよね、自分。名古屋サテライト戦のあとに怒られて、次の日に切り替えて、それで次決めたっていう。ジンクスっていうんですかね(笑)。
――ありましたね。最初に出て、そこから一切、出番がなくなって。そうしたら次の試合で点を取って。こうなったら毎試合、前日に怒ってもらわないといけませんね。
樋口 いや、それは(笑)。
――どんなことを言われたんですか?
樋口 試合のハーフタイムに「おまえ、サッカーから来ているからって、遠慮するなよ」って檄を入れられました。案の定、その夜に話し合いもあったんです。部屋も偶然、一人部屋になったので、いろいろ音楽とかを聞いたりして、気持ちを切り替えてやりました。
――ゴールシーンを振り返ってください。
樋口 いつもだったら、1対1は得意ではないのであまり行かないのですが、遠慮するなと言われていましたし、みんなからも「相手、小さいからどんどん打っていいよ」と言われていたので、そのまま行った感じです。
――自信にもなりそうですね。
樋口 なりますね。やっと入ったので。
――全体的なプレーを見ても、植松晃都選手との連係が非常に良いように見えます。
樋口 合宿からずっと一緒にセカンドセットに入っていたので。晃都も自分を見てくれますし、自分がパスを収めたら、上がってきてくれるので、そこは自信があります。
――フィジカルの強さは、かなり通用すると感じられているのではありませんか? 反転シュートも、結構、積極的に打てていると思いますよ。
樋口 (清水)和也に教えてもらって、「やってみろ」と言われているので。さまになればいいんですけどね(笑)。
――あれが一つ入るようになれば、また幅が広がりますね。決勝トーナメントに向けてはいかがですか?
樋口 どこが来ても、勝ちに行きます!!