Fリーグ

【オーシャン杯】PKストップで北海道を2回戦に導いたGK三浦拓「PK勝ちしたことに甘えてはいけない」

[5.25 オーシャン杯 柏 2-2 PK2-3 北海道 アリーナ立川立飛]
40分で勝負を決められなかったチームを救ったのは、今季からキャプテンを務めるGK三浦拓だった。試合前の整列後には、先に集合写真を撮るはずが、コイントスに向かってしまうなど、キャプテンとして不慣れな一面を見せた。しかし、試合が始まってからは、大幅に若返ったチームを後方から鼓舞。2失点を喫したものの、鋭いセービングでピンチを凌ぐ場面もあった。迎えたPK戦では、相手の2本目のシュートを体を張ってブロック。「止めるべくして止めた」と胸を張った。

以下、柏戦後の北海道GK三浦拓選手のコメント
――今日の試合を振り返ってください。
三浦 相手がFリーグ・ディビジョン2のチームでしたが、今年のチームは目の前の相手に勝ちに行くことをテーマにしているので、(下のディビジョンであることは)特に意識していませんでした。目の前の相手に勝ちに行くことを目指していた中で、勝てたことは、最低限よかったと思います。ただ、良い感覚で試合に入ることができたのですが、大事なところで失点してしまったので、そこは個人として改善点だと思います。チームとしてモチベーションを下げずに、勝ち切れたことは収穫だったかなと思います。

――PK戦で止めた場面については?
三浦 PKには絶対的な自信を持っているので、止めるべくして止めたかなという感覚です。ただ、1本目も右に来ると思っていたのですが、変えてしまって決められたので、1本目から止められるはずでした。アジア・インドアゲームズでは、PK戦で3本目だけ出たのですが、決められてしまった苦い記憶があります。そのことは、頭の中に置いてありますし、もうPK戦では絶対に負けたくありません。PK戦に行くまでに勝負を決めないといけませんし、PK勝ちしたことに甘えてはいけない。個人としてもPKを止めましたが、出来としてはまだまだ合格点は与えられないと思っています。

関連記事

  1. 【Fリーグ】第23節の全6試合で試合前に黙とうを実施へ
  2. 【Fリーグ】多摩大のU-19日本代表候補FP石田が浦安でFリーグ…
  3. 【オーシャン杯】大阪がすみだの追撃を振り切って名古屋とのファイナ…
  4. 【PH】33節 府中アスレティックFC vs バサジィ大分(51…
  5. 【Fリーグ】名古屋×すみだ 試合後のすみだ 清水選手コメント
  6. 【U-19日本代表】名古屋サテライト戦 背番号18 FP石田健太…
  7. 【Fリーグ】PO進出を目指す大阪がリーグ最終戦で浜松に勝利
  8. 【Fリーグ】名古屋の得点源FPシンビーニャはオールスターでも1ゴ…

日本代表

Fリーグ

海外

女子

Twitter でフォロー

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。